Japanese (日本語) - Change language

サンプル2。ステップ17:CookingTime要素の作成

CookingTime要素を作成するには:

  1. 種類文字列の要素を作成して名前をCookingTimeと付けます。
  2. 文字列タブをクリックします。
  3. 必要なアルファベットを設定します。試験画像からすると、アルファベットには数字のみ含まれています。
  4. アルファベット文字の割合を1に設定します。
  5. 埋め込み仮説を許可ボックスをクリアします。
  6. 非アルファベット文字の割合を10%に設定します。
  7. 文字カウントフィールドで、このあいまい間隔{0, 1, 3, 4}を指定します。この間隔は、文字列の長さの推定です。文字列を1~3文字と仮定します。この範囲外の仮説にはペナルティが科せられます。
  8. 関係タブをクリックします。
  9. 関係タブで、調理時間が常に時間単位の左に配置されること、数字と時間単位の間の距離が100ドットを超えないことを指定します(つまり CookingTimeHeader要素、オフセット = 0およびCookingTimeHeader要素の左境界、オフセット = –100、参照境界 = 左)。
  10. 調理時間は常に時間単位と同じ水準に書き込まれるため、以下の検索制限を追加します:
    • CookingTimeHeader要素、オフセット =-20、参照境界 = 下
    • CookingTimeHeader要素、オフセット =-20、参照境界 = 上

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article