Japanese (日本語) - Change language

サンプル4。ステップ7.4:UnitPrice列の名前、kwUnitPrice要素

画像の分析により、Unit Price列の名前を以下の検索テキストで記述することができます:「UnitPrice」、「Price」、「RATE」と表示され、名前単位は「Unit」と表示されます。Unit Price列の名前で単語「Unit」が検出されないようにするには、Unit Priceを最初に記述します。これに一意のテキストが含まれているためです。次にUnitを記述するために追加的な関係を使用します。

Unit Price列の名前のキーワードを検索するために要素を作成する時、Unit Price列が常にQuantity列の右に置かれることを考慮します。

KwUnitPrice要素を作成するには:

  1. TableHeader要素で、種類静的テキストの要素を作成して名前をkwUnitPriceと付けます。
  2. 静的テキストタブをクリックします。
  3. テキストを検索フィールドで、検索するテキストを入力します:UnitPrice|Price|RATE
  4. 検索している名前が名前Designationと同じ水準にあるよう指定するには、関係タブをクリックして以下の追加的な検索制限を指定します。詳細はステップ7.2をご覧ください。
  5. 関係タブで、以下の条件を指定します:値 = 0付きX座標に最も近い要素を検索する。

    表示...

  1. 高度タブをクリックします。
  2. Unit Price列の名前がkwQuantity列の名前の右にあるため、高度な検索前関係で以下の追加条件を指定します:kwQuantity要素が検出された場合は、kwQuantity要素の右にある画像オブジェクトを検索しますFlexiLayout言語では、この条件は以下のように書き込みます:
    If Not (TableHeader.kwQuantity.IsNull) Then
    RightOf: TableHeader.kwQuantity, 0 * dot;
  3. 検索を最適化するには、追加的な条件を指定します:指定が検出されていない場合は名前を検索しない。詳細はステップ7.2をご覧ください。
  4. 高度な検索後関係フィールドで追加確認を指定することで、生成される仮説の質に影響を与えることができます。この場合、以下の確認などを指定します:要素が検出された場合は、参照幅と検出された要素の幅の差を計算して、それがあいまい間隔に属するかどうかを確認しますFlexiLayout言語では、この条件は以下のように書き込みできます:
    If not IsNull then
    { FuzzyQuality: 400dt - width, {-50000,0,0, 50000}*dt;
    }
    //この確認は、差が大きいほど、ペナルティ係数が大きくなることを意味します
  5. FlexiLayoutを合致させて、要素が文書の最初のページで検出されていることを確認します。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article