Japanese (日本語) - Change language

仮説木

各レイアウトの代替を画像と合致させる時に、各要素で仮説が連続的に生成されます。要素の仮説は一つずつ作成されます: 木の最初の(最上部)要素から最後(最下位)要素へ。生成された仮説から、仮説木が構築されます。レイアウトの代替が画像と正常に合致すると、仮説木が仮説ウィンドウに表示されます。複数の代替レイアウトが画像と合致すると、最初の代替の仮説木が表示されます。どの代替も画像と合致しない場合は、最初の代替の仮説木が表示されます。

注意:要素で作成された仮説の数が、生存仮説数フィールドで設定された数を超えるかもしれません。この場合、最善の仮説のユーザ定義数のみが仮説木に入ります。

仮説木では、最善のパスすなわち最後の要素の仮説への最善のパスが検索されます。パスの質は、このパスの要素の仮説を掛けて計算されます。

最善のパスの仮説は、ブロックを検出するために使用されます。

仮説木は、仮説ウィンドウで表示されます。特定の画像で仮説木を表示するには:

  1. 画像を開きます。
  2. FlexiLayoutを画像と合致させます(FlexiLayoutメニューまたはショートカットメニューから合致を選択します)。

グループ要素の一部である要素の仮説を表示するには:

  1. グループ要素の仮説を選択します。
  2. Enterを押すか、ショートカットメニューから詳細を表示コマンドを選択します。

1レベル上がるには、Ctrl+Enterを押すか、ショートカットメニューから1レベル上げるコマンドを選択します。

注意:現在の画像で構築された仮説木は、その画像を閉じると削除されます。最善のパス(合致したレイアウトの構築に使用された仮説の連鎖)が保存されます。これらの仮説は、画像を再度開いたときに表示されます。メモリが多く使われる可能性があるため、仮説木全体は保存されません。

仮説木は以下の部分からなっています:

左の列には、FlexiLayout木の順序で最初のネストレベルの要素が含まれます。

右の列には、各要素で生成された仮説が含まれます。各仮説はアイコンでマークされています。仮説は、生成順序を示す細い線で結合されます。最善のパスの仮説は緑色の線で結合され、その他の仮説は灰色の線で結合されます。

アイコン 記述
最善のパスからの仮説。
最善のパスからではない仮説。
最善のパスからの帰無仮説。
最善のパスからではない帰無仮説。
グループ要素(グループ、繰り返しグループ、ヘッダー、フッター)の仮説の不完全連鎖。不完全な連鎖の仮説を見て、検出されなかった要素を見つけることができます。
,,, 要素の枝に、最善のパスからの仮説を表示します。すべての仮説を表示するには、「+」を押すか、ショートカットメニューでアクティブを拡張を選択します。
,,, 要素の枝にすべての仮説を表示します。最善のパスからではない仮説を隠すには、「-」を押すか、ショートカットメニューでアクティブを折り畳むを選択します。
,,,, 要素の仮説のサブ枝はここで止まりました。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article