Japanese (日本語) - Change language

高度な検索後関係

高度な検索後関係要素の特性に応じて生成された仮説にペナルティを科すことができます。この目的は、既に生成された仮説を調整することです。

重要!高度な検索後関係高度な検索後関係の主要な違い とは、仮説が立った後にのみ、検索後関係を考慮し始めることです。

注意:要素の名前は高度な検索後関係のコードで記述しないでください。例えば、要素1の幅プロパティにアクセスするには、Widthと書くだけです。

高度な検索後関係ペインに設定された制約は、他の仮説とは独立して、要素の各定式化仮説に適用されます。同じ要素に対して異なる仮説を比較することはできません。特定の仮説の質を調整するには、その特性を調べて、その特性に特定の制限を科す必要があります。

高度な検索後関係ペインのあらゆるコマンドまたは制限が、所定の要素の仮説の質の推定値を返します。異なる制限の適用で得られた推定値は乗算されます。

注意:高度な検索後関係ペインの高度タブで設定されている追加的な制限は、現在の要素と、FlexiLayoutツリーの現在の要素の上に位置する要素のみを参照することがあります。この条件が満たされない場合は、不正な要素が強調表示されます。

このペインを使用して、以下を行うことができます:

仮説の特性に制限を適用

仮説の特性を確認

仮説の質を調整

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article