Japanese (日本語) - Change language

検索領域に関する情報を返すデバッグ関数

以下の関数は、高度な検索前関係セクションでのみ使用可能です。

これらの関数は、印刷のデバッグに使用できます。これらの指示の結果を表示するために、検索領域を制限する一連の指示を入力した後で、印刷コマンドを実行することができます。

Function 記述
FuzzyRect SearchArea() 作成された検索領域はあいまい矩形。読み取り専用。
RectArray ExcludedRects() 検索領域から除外された矩形の配列。読み取り専用。
PageArea PageSearchAreaLocal( Int PageNumber ) 所定のページと交わる検索領域をページの局所座標で返します。
PageArea PageSearchAreaGlobal( Int PageNumber ) 所定のページと交わる検索領域を全体座標で返します。

例:

要素の検索領域を印刷するには:

高度な検索前関係セクションで、選択した要素の以下のコードを入力します:

Print: Str(SearchArea);

または同等のコード

Print: Str(SearchArea ());

Str関数は結果を印刷に必要な文字列形式に変換します。結果(選択された要素のあいまい矩形InternalRectおよびExternalRectの座標およびサイズに関する情報)は、プロパティウィンドウに表示されます。結果を表示するには、仮説ツリーの対応する要素を選択して、プロパティウィンドウの検索前印刷行にマウスでポイントします。値は検索前印刷行に収まらない場合がありますが、プロパティウィンドウの下の検索前印刷ペインで完全な印刷結果を表示することができます。

注意:関数ExcludedRectsにアクセスした結果を印刷する時(Print: Str(ExcludedRects());)、プロパティウィンドウの検索前印刷行を選択して、結果を表示します。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article