Japanese (日本語) - Change language

多ページFlexiLayoutの合致

FlexiLayoutを複数のページに合致させるには、 バッチ または 画像 ウィンドウでページを選択し、ショートカットメニューから FlexiLayoutを合致 を選択します。以下の通りにFlexiLayoutとの合致が試行されます:

  1. 選択されたページは事前認識されます。各ページで、正しい向きが事前認識言語に基づいて自動的に選択されます。
  2. 文書の最初のページが検出されます。
  3. 文書の最後のページが検出されます。
  4. FlexiLayoutは検出されたページと合致されます。
  5. FlexiLayoutがページと合致する場合は、認識された文書に続くページでステップ2~4が行われます。FlexiLayoutが合致しない場合は、次のページからこれらのステップが行われます。

選択の最初のページが文書の最初のページになります。次に、前の文書の最後のページに続くページが新しい文書の最初のページとして扱われます。

FlexiLayoutに設定されたページ数がある場合( FlexiLayoutプロパティ に可能なページ数が指定されています)、指定されたページ数に基づいて最後のページが検出されます。ページ数が[MinPages, MaxPages]範囲内でばらつく場合、 フッター 要素がMinPagesで最後のページにあるかが確認されます。このページに フッター 要素が含まれている場合は、文書の最後のページと見なされます。そうでない場合は、MinPages + 1から次のそれぞれのページで以下の条件が確認されます:

  1. このページは冗長か(文書の数字がMaxPagesの最大ページ数より大きいか)。
  2. このページに ヘッダー 要素は含まれているか(この確認はオプションで フッター 要素で行われます)。
  3. このページに フッター 要素は含まれているか。

1または2が真の場合、前のページが文書の最後のページとして選択されます。3が真の場合、現在のページが文書の最後のページとして選択されます。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article