Japanese (日本語) - Change language

繰り返しグループのインスタンスを参照、除外またはソース要素として使用

以下の選択に要素選択ダイアログボックスを使用できます:

  • 要素 プロパティ ダイアログボックスの 関係 タブで参照要素
  • 要素 プロパティ ダイアログボックスの 検索制限 タブで除外要素
  • ブロック プロパティ ダイアログボックスで ソース要素

単純要素では、その名前が使用されます。繰り返しグループ要素では、繰り返しグループの仮説への参照(インスタンス数を考慮)が関係を作成するために使用されます。

FlexiLayoutを合致させる時、繰り返しグループの仮説のいくつかのインスタンスは、要素ツリーの1つの 繰り返しグループ 要素に対応します。従って、繰り返しグループと他の要素の関係を指定する時、どのインスタンスを使用するかを指定する必要があります。フルネームではなく仮説への参照を指定する場合、繰り返しグループの名前の後に完全停止と参照インスタンスの記述が続きます。

インスタンスには以下のようなものがあります:

  • LastFound - 所定のサブ要素で仮説が生成された時、繰り返しグループの最後に検出されたインスタンス
  • AllInstances - 繰り返しグループの検出されたすべてのインスタンス
  • Instance(#) - 一定数のインスタンス
  • CurrentInstance - 現在のインスタンス、繰り返しグループの現在の仮説すなわちツリーで所定のサブ要素の上に位置する検出済みの繰り返しグループのサブ要素を参照するために繰り返しグループのサブ要素間の関係を指定する時に使用

要素選択ダイアログボックスの参照構文は、 繰り返しグループ とそのサブ要素のインスタンスにアクセスするために 高度 で入力するコードで使用される構文と同じです。例:


SearchElements.RepeatingGroup.LastFound.RepeatingGroup1.Instance(1).StaticText.


グループのインスタンスは、参照要素または除外要素を選択するダイアログボックスで選択されます。選択ツリーでは、インスタンス数が繰り返しグループの名前の隣に表示されます。繰り返しグループを選択する時、所望のインスタンスを選択できる 繰り返しインスタンス フィールドが使用可能になります。変更は、ツリーと結果文字列の両方に反映されます。

子グループで CurrentInstance を選択すると、 CurrentInstance はその上にあるすべてのグループで自動的に設定されます。親グループの CurrentInstance を別のものに変更すると、すべての子グループのインスタンスが LastFound のデフォルト値にリセットされます。

親グループの AllInstances を選択すると、すべての子グループで AllInstances が自動的に設定されます。子グループの AllInstances を別のものに変更すると、親グループの AllInstancesLastFound のデフォルト値にリセットされます。

参照を 高度 コードで手動作成する場合、念頭に置いておくこととして、 CurrentInstance は親グループでしか指定できず、グループで CurentInstance を指定する場合には、その上のすべてのグループでも CurrentInstance を指定しなければなりません。 AllInstances がグループで指定されている場合、その下のすべてのグループでも AllInstances が指定されている必要があります。ダイアログボックスでグループインスタンスを選択すると、正しい値が自動的に適用されます。

以下もご参照ください:

検索制限

相対検索領域

追加的な検索制限

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article