ウェブ検証ステーションについて

Web検証ステーションは、認識されたデータのリモート検証、問題のバッチとドキュメントの処理、ドキュメントのアセンブリエラーのチェック、ルールのチェック、およびバッチの整合性の確保を目的としています。

Web検証ステーションのオペレータは、次のタイプのロールを持つことができます:検証オペレータ、上級検証オペレータ。ステーションにログインするときにオペレーターが選択した役割に応じて、さまざまなキューのタスクを表示および処理できます。詳細の参照先:ウェブステーションのユーザーが利用できる役割

Web認証ステーションにアクセスするには、インターネット接続が必要です。基本認証か、FlexiCapture認証モジュールを用いた認証を使用できます。ステーションにログインするには、http://<ApplicationServer> /FlexiCapture12/Verificationのリンクを使用します。ここで、<ApplicationServer>はアプリケーションサーバーがインストールされているコンピュータの名前です。細かい手順は次をご参照ください:ログインセクション。

重要!ウェブ検証ステーションでキューに入れられたタスクの処理を有効にするには、ウェブステーションを有効にするプロジェクトセットアップステーションのプロジェクト設定でオプションを選択する必要があります(以下をクリック:プロジェクトメニュ→プロジェクトプロパティ...ワークフロータブ)。

注:ウェブステーションとサーバーの現行バージョンの確認は、ページ右下のABBYYロゴをクリックしてください。

12/1/2020 7:04:04 AM


Please leave your feedback about this article