ドキュメントの操作

重要!ドキュメントビューの操作は、シニア検証オペレータの役割タイプでのみ使用できます。

バッチの特定のドキュメントでいくつかの操作を実行する必要がある場合は、バッチリストのページで、目的のバッチの名前のリンクをクリックします。ドキュメントがどのタスクでどの処理段階にあるかを知るために必要な場合があり、必要に応じてドキュメントで以下のアクションを実行する必要があります:

  • 文書処理を開始します。
  • ドキュメントを別のステージまたは例外に送信します。
  • 文書処理の優先順位を変更します。

タスクの処理を開始するには、タスクIDを持つリンクをクリックします。開いているサムネイルページでは、ドキュメントのアセンブリエラーを修正してから、ドキュメントエディタで認識とドキュメントのエラーを修正することができます。

注:リンクをクリックしてもタスクが開かない場合は、タスクが使用できないことを意味します。処理中であるか、別のオペレーターによって遅延されている可能性があります。

ドキュメントを例外または別の処理ステージに送信するには、リストからドキュメントを選択し、例外に送信またはステージに送信をクリックすると開きます。

各文書について、優先度、バッチ内の序数、処理段数、ページ数、総文字数、検証に不明確な文字と記号の数、文書にエラーがあるかどうか、文書識別子。

注:ドキュメントビューでは、ドキュメントの優先度の変更やドキュメントの削除、ワークフローから外れたドキュメントに対してのみ可能です。

送信済みバッチの優先度リンクを使用すると、選択したいくつかのドキュメントの優先度をすばやく簡単に変更できます。優先度を変更するには、目的の文書を選択してリンクをクリックし、開いているダイアログボックスで新しい優先度を指定します。ドキュメントの優先度は、ドキュメントから作成されたタスクの優先度に影響を与えます。ドキュメントの優先度は、キュー内のタスクの処理順序に影響します。ドキュメントのプロパティまたは優先度リンクを使用した際の優先度リンクの使用時には、新しく作成されたタスクのみが影響を受けます。優先度は、後続の段階で処理タスクを迅速化するために変更することができます。ただし、現在のキューでは、キュー内のタスクがすでに形成されているため、タスクの優先順位は変更されません。

注:現在のステージでドキュメントの優先度を上げるには、以下のリンクを使用します:ステージに送信。表示されたダイアログボックスで、現在の処理段階とタスクの新しい優先順位を指定します。仮に超高優先度を設定し、処理ステーションの1つがバッチ全体を処理するように設定されている場合、バッチ全体の優先度は超高優先度に設定されます

バッチに新しい文書があるかどうかを確認するには、以下のリンクをクリックします:文書リストの更新

バッチビューに戻るには、バッチボタンをクリックします。

02.03.2021 8:10:50


Please leave your feedback about this article