Japanese (日本語) - Change language

区切り

Parameter 記述
Void Mode( Direction )

区切りの向き。区切り、向きをご覧ください。

例えば:

Void MinQuality( Real ) 仮説の最小品質を設定します。
Void MinRelativeLength ( Real ) 検索領域内にある区切りの最小長さを、検索領域の長さに関連して設定します。区切り、最小相対長さをご覧ください。
Void PenaltyLimitForLength( Real )

仮説が品質を計算する際にその長さに対して得られる最小品質を指定します(0~1の数)。区切りオブジェクトが長いほど、品質は高くなります。最高品質1には、長さが検索領域の長さに等しい区切りがあります。区切りの相対長さが1から0に減ると、仮説の質は正比例して1からPenaltyLimitForLengthに減ります。

注意:この関数はVoid MaxPenalty(Real)を置換するために導入されました。こちらは古く、将来のバージョンから削除されます。前にMax length penaltyを使用していた場合は、PenaltyLimitForLengthを(1 - [Max length penalty])に設定します。

要素プロパティダイアログボックス、区切りタブをご覧ください。

Void MinSeparatorLength( Distance ) 区切りをご覧ください。最小長さ
Void MaxSeparatorLength( Distance ) 区切りをご覧ください。最大長さ。
Void MaxSeparatorGap( Distance )

区切りをご覧ください。スペース。最大長さ

例えば:

Void MaxSeparatorRelativeGap( Real ) 区切りをご覧ください。スペース。最大相対長さ
Void MaxSeparatorGap( Distance d, Real r )

スペースの長さで絶対(d)および相対(r)制限を設定します。

区切りをご覧ください。スペース。最大長さ。

Void FitsWithinSearchArea( Logic )

区切りを検索領域内に完全に収めるよう指定します。

区切り検索領域内に完全に合わせるプロパティをご覧ください。

Void MaxSeparatorDistance( Distance )

区切りをご覧ください。スペース。直交シフト

例えば:

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article