Japanese (日本語) - Change language

段落

段落は段落を記述する要素です。段落の検索時、検索領域内のすべてまたは一部のテキストオブジェクトが考慮されます。

段落要素は、要素ツリーででマークされます。

この要素は、テキストが不明なテキスト段落を検索するために使います。考慮されるのは、事前認識で検出され、要素の検索領域内に入った、認識された単語および認識された行です。

段落要素のプロパティ

段落のプロパティは、要素のプロパティダイアログボックスのパラグラフタブで指定されます。要素のプロパティダイアログボックスを開くには、FlexiLayoutウィンドウで、要素を右クリックし、ショートカットメニューからプロパティ...を選択します。

プロパティダイアログボックス、文字列タブを表示

  • 最小行カウント
    段落の最小行数を指定します(あいまい間隔が使用されます)
  • 最大行カウント
    段落の最大行数を指定します(あいまい間隔が使用されます)。
  • 整列
    配列の種類を指定します。
  • 最大ズレ
    ユーザー定義測定単位で最大ズレ値を指定します。
  • 最初の行のインデントを許可
    最初の行のインデントを許容するかを指定します。インデントの値は、ユーザー定義測定単位で測定されます。
  • 「ぶら下げ」行を許可
    段落にぶら下げを含めるかを指定します。
  • 行の最大スペース
    ユーザー定義測定単位で、検出されたオブジェクト内部の最大絶対スペース長さを指定します。テキストの検索時、隣接する文字の間の距離が行の最大スペースの値を超えるまで文字列に文字が追加されます。
  • 最大行間スペース
    ユーザー定義測定単位で、最大行間距離を指定します。
  • 最大相対行間スペース
    上部の行の高さに関連する2行の間の最大距離を指定します。行間の距離がこの値を超える場合、2番目の行は仮説に入りません。
  • 最小行高さ
    最小行高さを指定します(あいまい間隔が使用されます)。
  • 最大行高さ
    最大行高さを指定します(あいまい間隔が使用されます)。
  • 最小行幅
    最小行幅を指定します(あいまい間隔が使用されます)。
  • 最大行幅
    最大行幅を指定します(あいまい間隔が使用されます)。
  • 単語全体限定
    検索領域内に部分的に含まれる単語の部分を仮説に入れるかを指定します。仮説から単語の断片を除外する必要がある場合は、このオプションを有効にします
  • スタンプを削除
    支払文書の認識時、テキストの上に置かれたスタンプに問題が生じることがあります。典型的には、スタンプはテキストの右下に置かれます。重なったスタンプのテキスト断片は、ほぼ判読不能であり、意味をなさないフレーズのビットとして認識されます。これを防ぐには、スタンプの押されたテキスト断片をブロックに含めず、画像から手動でテキストに入力します(間違って認識されたテキストを削除する必要はありません)。
    スタンプを削除が有効になっている場合、検索領域の右下が分析され、重なったスタンプによるテキストのビットを削除します。
  • 区切りを無視
    段落の検索時に区切りを無視するかを指定します。段落が区切りでマークされている場合は、このオプションを無効にします

以下もご参照ください:

要素の作成および削除

要素特性の概要

検索領域

段落要素に対する追加的な検索制限

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article