Japanese (日本語) - Change language

テーブルの操作

ABBYY FlexiLayout Studioでは、財務文書の表を含む表を使用して、形式化された文書の記述を作成することができます。より一般的には、明確なグリッド線がない場合でも、表のような構造のあるデータを記述するのに使用できます。表には結合セルを含めてはいけません。結合セルの表は、繰り返しグループ要素を使用して記述できます。

表は、ページの任意の場所で始まり、複数のページに渡り、ページの任意の場所で終わることがあります。

FlexiLayoutを作成するために、表はヘッダー、本体、フッターの3つの論理部分に分割できます。表の本体には、認識、抽出されるデータが含まれています。

ヘッダーとフッターは、本体の上部および下部境界として機能します。また、ヘッダーには列の名前が含まれます。この情報により、表は列に正しく分割されます。

表を列と行にわける黒色の区切り線および白ギャップに頼ってセルが検出されます。

表のFlexiLayoutを作成するには:

  1. 表ブロックを作成し、表に含まれる列をリスト化します。
  2. 以下のための表要素を作成します:
    1. 表要素に対応する表ブロックを選択する;
    2. 表の各列の検索制限を設定する;
    3. 表の列の順序を設定する;
    4. 表のヘッダーの検索制限を設定する;
    5. 表のフッターの検索制限を設定する;
    6. 表を行に分割する方法を指定する;
    7. 表全体で検索領域を設定する;
    8. 必要に応じて、追加的な検索制限を設定する。

詳細:

表要素

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article