Japanese (日本語) - Change language

要素の作成、コピー、削除

要素を作成するには:

  1. FlexiLayout ウィンドウをアクティブにします。
  2. FlexiLayoutツリーを、要素を作成するネスト水準まで下げます( SearchElements は最初のネスト水準です)。
  3. 要素の種類を、 FlexiLayout → 要素を追加 → [種類] で選択します。
  4. 必要に応じて、要素のプロパティ、検索領域、追加的な検索制限を指定します。各要素とそのプロパティの詳細については、このヘルプファイルの該当するセクションをご覧ください。
    重要! 要素名には、文字(ローマ字、発音区別符号付きローマ字、キリル文字)、数字、アンダーバーが含まれます。要素名は文字またはアンダーバーで始める必要があります。要素名には、スペースや以下の特殊記号を含めていけません:' . ', ' , ', ' : ', ' - ', ' \ ', ' / '.

事前認識結果の表示 の際、現在の画像に基づいて素早く要素を作成できます。以下の方法があります。

  1. 認識されたオブジェクトにマウスでポイントし、ダブルクリックします。 要素種類を選択 ダイアログボックスが表示されます。
  2. 所望の要素種類を選択し、 OK をクリックして確定します。

または:

  1. ツールバーで、 をクリックして要素の作成モードをアクティブにします。
  2. 新しい要素が作成される矩形の隅にマウスでポイントします。
  3. マウスの左ボタンを押したまま、マウスポインタを対角にドラッグします。新しい要素が作成される矩形が表示されます。
  4. マウスを離します。 要素種類を選択 ダイアログボックスが表示されます。
  5. 所望の要素種類を選択し、 OK をクリックして確定します。

ドラッグ・ドロップで、作成した要素をFlexiLayoutツリーの別の水準に移動できます。ですが、FlexiLayoutツリーに移動要素を参照する要素またはブロックが含まれている場合は、その要素およびブロックの対応するプロパティを調整する必要があります。FlexiLayout Studioでは、移動の影響を受ける要素が自動的に強調表示されます。

注意: グループ要素を作成したら、その要素に単純要素またはグループ要素を追加する必要があります。要素をグループ要素に追加するには:

  • 追加したい要素をドラッグ・ドロップします、

または

  • グループ要素をクリックし、この要素内に必要な種類の新しい要素を作成します。

要素を移動またはコピーするには:

  1. 枝で所望の要素を選択します。複数の要素を選択するには、 Ctrl キーを押したままコピーする要素をクリックします。枝のいくつかの連続する要素を選択するには、 Shift キーを押したままコピーする最初と最後の要素をクリックします。
  2. 選択要素を移動またはコピー:
    • Ctrl キーを押したまま、マウスで要素ツリーの所望の場所に要素をドラッグします。
    • 要素を、 編集 メニューまたはショートカットメニューの コピー および 貼り付け コマンドを使用してコピー貼り付けするか、またはツールバーの コピー および 貼り付け ボタンを使用してコピー貼り付けします。

グループ要素を含む既存の要素をコピーすることができます。コピーのプロパティを編集する必要が出てきても、複数の類似要素を最初から作成するよりは速いです。コピーの名前は、元の要素の名前とコピー番号から作成されます。

要素を削除するには:

  1. FlexiLayout ウィンドウに切り替えます。
  2. 削除する要素を選択します。複数の要素を選択するには、 Ctrl キーを押したまま削除する要素をクリックします。枝のいくつかの連続する要素を選択するには、 Shift キーを押したまま削除する最初と最後の要素をクリックします。
  3. 要素を右クリックし、ショートカットメニューから 削除 を選択します。

詳細:

要素特性の概要

検索領域

追加的な検索制限

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article