Japanese (日本語) - Change language

FlexiLayoutプロパティ

FlexiLayoutのプロパティを表示または編集するには、FlexiLayoutメニューまたはFlexiLayoutツリーのコアノードのショートカットメニューでプロパティ...をクリックします。以下のオプションを含む%name%のプロパティダイアログボックスが 表示されます:

全般タブ:

  • 名前
    FlexiLayoutの名前。
  • バージョン
  • FlexiLayoutのバージョン。1つのFlexiLayoutの複数バージョン(またはエディション)を作成、使用することができます。
  • コメント
    FlexiLayoutへのユーザーコメント(オプション)。このフィールドには、あらゆるテキスト
    注意:が含まれる可能性があります。コメントフィールドはABBYY FlexiCaptureの文書定義エディタで表示可能になります。文書定義を*.aflファイル(ファイルはFlexiLayout StudioからFlexiLayoutをエクスポートするときに生成されます)から作成する時に、FlexiLayoutへのコメントが文書定義プロパティに読み取り専用モードで表示されます。このフィールドは、FlexiLayoutの作者に関する情報を追加するのに使用できます。
  • 事前認識
    事前認識設定。
  • 複数ページ文書を許可
    多ページを含む文書を許容します。
    • 最小ページ数
      文書の可能な限り少ないページ数。
    • 最大ページ数
      文書の可能な限り多いページ数。

定数タブ:

名前付きパラメータタブ:

  • FlexiLayout用名前付きパラメータはこのタブで指定できます。名前付きパラメータはFlexiLayoutのデバッグに使用されます。

保護タブには、FlexiLayoutを不正使用から保護するためのオプションが含まれています。

詳細:

事前認識

事前認識パラメータ

ABBYY FormReaderでのFlexiLayoutの識別と処理

グローバル定数

名前付きパラメータ

FlexiLayout保護機能

09.10.2020 8:50:46


Please leave your feedback about this article