Japanese (日本語) - Change language

サンプル1。ステップ15:NAMEフィールドの記述

NAMEフィールドに対応するブロックの位置についての説明:

  1. 種類静的テキストの要素を作成し、名称をNameHeaderとします。この要素は、NAMEフィールドの名前と対応します。
  2. 種類文字列の要素を作成し、名称をGuestNameとします。この要素は、NAMEフィールドに正確に対応します。
  3. NAMEフィールドに対応するGuestNameブロックを作成します。

このフィールドの要素とブロックは、ステップ10から14における以下の例外を記述するために作成されています:

  • NameHeaderを探索する領域を特定する場合は、PlanetName Header要素の上に位置するよう特定します。これにより、プログラムが、YOUR PLANET NAMEという名前からNAMEという単語が含まれているとする間違った仮説を組み立てるのを防ぎます。

    表示...

  • PlanetName要素のアルファベットと違って、GuestName要素のアルファベットには、英文字と"-"記号のみが含まれていなければなりません。以下文字カウントフィールドにおいて、柔軟性のある区間{0, 0, 50, INF}を特定します。
  • GuestName要素を探索する領域を特定する場合は、NameHeader要素を参照要素として特定します。
  • GuestNameブロックを作成する場合、GuestName要素をソース要素として特定します。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article