Japanese (日本語) - Change language

画像の分析

FlexiLayoutの基幹を形成できるオブジェクトを見つけるために、バッチの画像を分析する必要があります。すなわち、すべての画像に存在し、高い信頼性で検出できるオブジェクトを見つける必要があります。

画像を分析する時に行うもう一つの重要な決定とは、オブジェクトを記述する順序で、 FlexiLayoutと画像の合致 時に要素を使用する順序が決まります。

一般的なシナリオは以下の通りです:

  1. バッチで画像を見ていきます。
  2. ほとんどの画像に存在し、各画像に1回だけ発生するオブジェクトを視覚的に探します。このようなオブジェクトは、FlexiLayoutの作成が始まった時に作成されます。
  3. 識別子として使用できるオブジェクトを探します。これは、文書を特定の種類に属する文書として曖昧に識別するタイトルまたは他のオブジェクトの可能性があります。識別子オブジェクトはすべての文書に存在し、可能な場合は、エラーなしで認識されなければいけません。識別子オブジェクトを記述する要素を、 必須要素 としてマークすることをおすすめします。この要素に対応するオブジェクトを見つからなかった場合、FlexiLayoutの合致が止まりますが、この意味は、文書がFlexiLayoutで記述された文書種類に属していないということです。
  4. 要素を作成する順序とFlexiLayoutツリーでの要素の配置方法を考えます。ツリーにおける要素の順序は、画像の対応するオブジェクトを探す順序を決めます。
  5. 各オブジェクトの検索に使用できる方法を考えます。FlexiLayoutでは、これらの方法を要素プロパティで記述します。最も信頼性の高いオブジェクト、すなわち、ほとんどの画像に存在し、同じ画像であまりひんぱんに発生しないオブジェクトから始めます。後で開始点としてまたは参照要素として、信頼性の低い要素探しに使用できます。
    信頼性の高い 仮説 が立つように、厳格な検索基準を選択してください。
    仮説木が制御不能な増長をしないよう、 生存仮説数 フィールドのデフォルト値は変更しない方がいいでしょう。
  6. 複数の要素を グループ要素 にグループ化することを考えます。グループ要素は、互いに独立したFlexiLayoutの部分を試験するのに便利です。例えば、合計で100の要素からなるFlexiLayoutには、最上部で3つのグループ要素しかないかもしれません。つまり文書のタイトル、本体、文書の最下部です。3つのグループ要素のそれぞれは、文書のより小さい部分を記述するグループ要素で構成されるかもしれません。グループ要素のこのようなネストにより、可能な検索の組み合わせが減り、FlexiLayoutのデバッグが簡単になります。FlexiLayoutの各部分を独立して扱えるからです。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article