Japanese (日本語) - Change language

デバッグのための印刷

高度な検索前関係および高度な検索後関係セクションで、情報を印刷する印刷関数を使用できます。これにより、立った仮説の特定のプロパティに関する情報を印刷することができます。

印刷関数の形式:

Void Print( String text )

FlexiLayout言語には、さまざまな種類の文字列表現を作成してデバッグ情報を印刷するために使用されるグローバル関数があります(参照)。

デバッグデータを表示するために、FlexiLayout言語には、さまざまな型の文字列表現を作成するグローバル関数があります(以下の表参照)。

グローバルChr(Int char)関数は、タブ文字、行頭復帰などで印刷行をフォーマットするのに使用されます。この関数は、Unicodeコードによる文字の文字列表現を返します。

印刷関数の呼び出し例:

Print: Str( Group1.Item1.Width );
Print: "Is Item1 Null ? - " + Str( Group1.Item1.IsNull );
Print: "Calculate formula: ( 5 * 18 );" + Chr( 13 ) +Chr( 10 ) + "Result is: " + Str( 5 * 18 ) + Chr( 9 ) + "// example";
Print: Str( Group1.Item1.Rect );

印刷関数を高度… セクションの1つの1行で複数回呼び出すと、複数行からなるテキストが印刷されます。テキストは、検索前印刷および検索後印刷プロパティのアクティブな仮説のプロパティウィンドウで印刷されます。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article