Japanese (日本語) - Change language

サンプル3。ステップ7:kwInvoiceDate要素でInvoice Dateフィールドの名前を検出

試験画像を分析すると、Invoice Dateフィールドの名前は短く、一般的な単語「Date」であることがわかります。つまり、検索領域を可能な限り制限する必要があるということです。日付フィールドの名前は請求書番号フィールドの名前に密接に位置していると気づくでしょう(画像で発生する時に)。

kwInvoiceDate要素を作成するには:

  1. InvoiceHeader要素で、種類静的テキストの要素を作成して名前をkwInvoiceDateと付けます。
  2. 静的テキストタブをクリックします。
  3. テキストを検索フィールドで、検索するテキストを入力します:「Date」。
  4. 最大エラー割合の値として30をそのままにしておきます(4文字の単語ならばエラー1つ以下を意味します)。
  5. 関係タブをクリックします。
  6. 関係タブで、フィールドInvoice Numberの名前の下、下部境界から150ドット以内で発生可能と指定します。
    • 要素kwInvoiceNumber, オフセット = 0, および
    • 要素kwInvoiceNumber下部, オフセット =-150, 参照境界 = 下。

      表示...

注意:オフセットの最良の値を選択する前に、事前認識で検出されたオブジェクトの幾何学的特性(すなわちサイズと境界)を分析したいと思うかもしれません。

  1. 高度タブをクリックします。
  2. Invoice Dateフィールドは画像の左半分にあるため、高度な検索前関係フィールドで以下の追加的な検索制限を設定します:画像の左半分のオブジェクトを探しますFlexiLayout言語では:
    LeftOf: PageRect.Left + PageRect.Width/2;
  3. FlexiLayoutを試験画像と合致させて、該当する場合に、すべての画像の要素が正常に検出されていることを確認してください。

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article