Japanese (日本語) - Change language

グローバル定数

注意:グローバル定数は追加的な検索基準を指定するために使います(要素のプロパティダイアログボックス、高度タブ、高度な検索前関係および高度な検索後関係セクション。ブロックのプロパティダイアログボックス、表現フィールド)。

グローバル定数は、FlexiLayout全体で設定され、プログラムコードのすべてのセクションでアクセス可能です。

グローバル定数を作成する時、その名前と値を指定する必要があります。定数の名前は、文字またはアンダーバーで始めます。文字と数字で構成できます。定数名にはスペースや特殊記号を含められません。定数名はFlexiLayoutで使用され、予約語と一致不可能なため、一意でなければいけません。つまり、グローバル定数の名前と一致する名前のコードの変数を宣言することはできません。

FlexiLayout言語に構築子のある型ならば、どんな型の定数も可能です。定数の型は、その構築子を呼び出すことによって明示的に定義されるか、またはその値から派生します(文字列型など)。コードで定数を使用する時、コンパイラはこの型の定数が所定のコンテキストで使用されるかを確認します。この確認が実行されるのは、FlexiLayoutを構築する時、または特定のフィールドでコードを確認するよう指示した時です。

グローバル関数と既に作成されているグローバル定数を使用してグローバル定数を作成できます。

グローバル定数の例

名前
RomanNumerals "I V v X x" String
SomeRect Rect( 5mm, 10mm, 20mm, 50mm ) Rect
FirstPageRect Page( 1 ).RectGlobal Rect
UpperHalfOfFirstPage Rect(FirstPageRect.Left, FirstPageRect.Top FirstPageRect.Right, FirstPageRect.Height / 2 ) Rect
UpperHalfOfFirstPage 1 Region( UpperHalfOfFirstPage ) Region
TotalLineHeightOfFirstPage Page( 1 ).AverageLineHeight() + Page( 1 ).AverageInterlineInterval() Distance
Q_50_Percent Quality( 0.5 ); Quality

グローバル定数の追加、変更、削除

グローバル定数を追加するには:

  1. FlexiLayoutメニューからプロパティ...を選択します(またはFlexiLayoutウィンドウで右クリックしてショートカットメニューからプロパティ...コマンドを選択します)。
  2. プロパティダイアログボックスで、定数タブをクリックします。
  3. クリック追加...
  4. 定数の名前または値を入力して、OKをクリックします。

グローバル定数を変更するには:

  1. FlexiLayoutメニューからプロパティ...を選択します(またはFlexiLayoutウィンドウで右クリックしてショートカットメニューからプロパティ...コマンドを選択します)。
  2. プロパティダイアログボックスで、定数タブをクリックし、変更する定数を選択します。
  3. クリック編集...
  4. 定数の新しい名前または値を入力して、OKをクリックします。

グローバル定数を削除するには:

  1. FlexiLayoutメニューからプロパティ...を選択します(またはFlexiLayoutウィンドウで右クリックしてショートカットメニューからプロパティ...コマンドを選択します)。
  2. プロパティダイアログボックスで、定数タブをクリックし、削除する定数を選択します。
  3. 削除をクリックします。

注意:定数名は有効な識別子すなわち文字の定数でなければいけません「_ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z」および数字。名前の最初の文字は数字であってはなりません。定数名にはスペースや特殊記号を含められません。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article