Japanese (日本語) - Change language

FlexiLayoutの構築

FlexiLayout構築は、ABBYY FlexiLayout Studioで、検索領域のエラー、追加の検索条件、FlexiLayoutブロックのプロパティ、検索オブジェクトのパラメータを含む要素プロパティなどのFlexiLayoutのエラーが確認されるプロセスです。

以下が確認されます:

  1. 要素のプロパティ。
    要素のプロパティおよびその検索制限は、FlexiLayoutツリーのこの要素の上にある要素にのみリンクできます。この要件を満たさない要素が検出されると、欠陥要素が強調表示されます。
  2. ブロックのプロパティ。
    ブロックは、存在しない要素や無効な要素を参照することはできません。
  3. FlexiLayout言語で書かれた式(高度タブ)。
    • 式のコードに構文エラーがあってはいけません。
    • 高度な検索前関係フィールドの高度タブに設定されている追加的な制限は、FlexiLayoutツリーの所定の要素の上にある要素しか参照してはなりません。高度な検索前関係フィールドの高度タブに設定されている追加的な制限は、要素自体とFlexiLayoutツリーの所定の要素の上にある要素しか参照してはなりません。この要件を満たさない要素が検出されると、欠陥要素が強調表示されます。
    • コードで使用されるすべてのグローバル定数は指定する必要があります。
    • コードで使用されているすべての変数は、宣言、初期化の必要があります。
    • コードは、コードの対応するセクションで使用可能なエンティティのみを参照する場合があります。
    • ブロックのプロパティは、要素の区域のみを参照する場合があります。
    • 特定の種類の要素については、この種類に使用できるプロパティしか指定できません。例えば、静的テキスト要素で最大幅を指定することはできません。

FlexiLayoutを構築するには、FlexiLayoutメニューまたはFlexiLayoutのショートカットメニューでFlexiLayoutを構築をクリックします。

注意:FlexiLayoutは、画像に適用、保存、またはエクスポートされる前に自動的に構築されます。FlexiLayoutの構築中にエラーが検出されると、FlexiLayoutツリーでエラーのあるブロックと要素に赤いXのアイコンが付き、要素のプロパティダイアログボックスにエラー情報を含むエラータブが表示されます。

エラータブの通知には、赤色または黄色の旗が付いています。赤色の旗はエラー、黄色の旗は警告です。少なくとも1つの要素またはブロックでエラーが発生した場合、FlexiLayoutは画像に適用したり、エクスポートしたりすることはできません。警告は、潜在的に問題のある種類変換にユーザーの注意を向けるものであり、FlexiLayoutが画像に適用されたり、エクスポートされることを妨げはしません。高度タブのコードでエラータブに通知が表示される場合、通知をダブルクリックすることで問題の原因となったオペレータにすばやくジャンプできます。

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article