Japanese (日本語) - Change language

FlexiLayoutと分類子の保護機能

FlexiLayoutと分類子は、第三者使用のために開発可能です。ABBYY FlexiLayout Studioには、FlexiLayoutおよび分類子の保護機能が含まれており、不正使用を防止し、エンドユーザーに技術サポートを提供できます。

これらの保護機能を使用するには、開発者ライセンスが必要です。開発者ライセンスにより、開発者はFlexiLayoutと分類子に署名し、技術サポートを提供する際に署名されたFlexiLayoutと分類子を編集することができます。開発者ライセンスの取得の詳細は、最寄りの ABBYYオフィス までご連絡ください。

FlexiLayoutまたは分類子を保護するには、 FlexiLayoutに符号付け オプションを、それぞれのダイアログボックスの 保護 タブで有効にします。以下の保護オプションを、保護されたコンポーネントで使用できます:

  • 作者名
    開発者ライセンスで指定されている開発者の名前を含みます。読み取り専用。
  • コンポーネント名
    開発者が指定したFlexiLayoutコンポーネントの名前。
  • ライセンス情報
    追加のライセンス情報を含みます。

保護モジュールには、開発者の名前(開発者ライセンスでの指定通り)とモジュールの名前(開発者の指定通り)が含まれます。プロジェクトを*.aflまたは*.cflファイルにエクスポートすると、これらのパラメータもそのファイルに書き込まれます。

保護されたFlexiLayoutまたは分類子へのアクセスについては、ユーザーライセンスの取得が必要となるため、ABBYYオフィスまでご連絡ください。ライセンスには開発者の名前およびモジュールの名前が含まれます。保護されたFlexiLayoutまたは分類子がFlexiCaptureプロジェクトに追加されると、アクセス権限が確認されます。保護されたFlexiLayoutまたは分類子を文書定義で使用することはできますが、編集、保護機能の無効化、保護プロパティの変更はできません。

保護されたFlexiLayoutまたは分類子のライセンスを持っていなくてもFlexiCaptureプロジェクトには追加できますが、文書定義で使用することはできません。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article