Japanese (日本語)

検索の管理

定義 記述
Void Optional( Real q1, Real q2 ) 要素をオプションにします。q1パラメータは、帰無仮説の質を設定します。q2パラメータは、帰無仮説を立てるための基準を設定します: 質が一定の閾値を超える他の仮説が作成されなければ、帰無仮説が立ちます。
Void StopIfFound ( Logic Value=true )

所定の要素の非帰無仮説が含まれている場合、枝に仮説を生成することを停止します。

詳細は、必須、オプション、禁止の要素セクションをご覧ください。

Void DontFind() 要素を検索しないよう指示するものです。要素がオプションの場合、帰無仮説のみが立ちます。
Void MaxHypothesesCount( Int ) 要素の仮説の最大数を設定します。

25.05.2023 7:55:11

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.