Japanese (日本語)

多ページFlexiLayoutの合致

FlexiLayoutを複数のページに合致させるには、バッチまたは画像ウィンドウでページを選択し、ショートカットメニューからFlexiLayoutを合致を選択します。以下の通りにFlexiLayoutとの合致が試行されます:

  1. 選択されたページは事前認識されます。各ページで、正しい向きが事前認識言語に基づいて自動的に選択されます。
  2. 文書の最初のページが検出されます。
  3. 文書の最後のページが検出されます。
  4. FlexiLayoutは検出されたページと合致されます。
  5. FlexiLayoutがページと合致する場合は、認識された文書に続くページでステップ2~4が行われます。FlexiLayoutが合致しない場合は、次のページからこれらのステップが行われます。

選択の最初のページが文書の最初のページになります。次に、前の文書の最後のページに続くページが新しい文書の最初のページとして扱われます。

FlexiLayoutに設定されたページ数がある場合(FlexiLayoutプロパティに可能なページ数が指定されています)、指定されたページ数に基づいて最後のページが検出されます。ページ数が[MinPages, MaxPages]範囲内でばらつく場合、フッター要素がMinPagesで最後のページにあるかが確認されます。このページにフッター要素が含まれている場合は、文書の最後のページと見なされます。そうでない場合は、MinPages + 1から次のそれぞれのページで以下の条件が確認されます:

  1. このページは冗長か(文書の数字がMaxPagesの最大ページ数より大きいか)。
  2. このページにヘッダー要素は含まれているか(この確認はオプションでフッター要素で行われます)。
  3. このページにフッター要素は含まれているか。

1または2が真の場合、前のページが文書の最後のページとして選択されます。3が真の場合、現在のページが文書の最後のページとして選択されます。

20.02.2023 7:40:15

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.