Japanese (日本語)

サンプル4。ステップ7.6:Reference列の名前、kwReference要素

文書では、この名前が「Reference」、「ID」、「Item」、または「CODE」として表示されることに気づくでしょう。

kwReference要素を作成するには:

  1. TableHeader要素で、種類静的テキストの要素を作成して名前をkwReferenceと付けます。
  2. 静的テキストタブをクリックします。
  3. テキストを検索フィールドで、検索するテキストを入力します:Reference|ID|Item|CODE
  4. 検索している名前が名前Designationと同じ水準にあるよう指定するには、関係タブをクリックして以下の追加的な検索制限を指定します。詳細はステップ7.2をご覧ください。
  5. 検索を最適化するには、追加的な条件を指定します:指定が検出されていない場合は名前を検索しない。詳細はステップ7.2をご覧ください。
  6. FlexiLayoutを合致させて、要素が文書の最初のページで検出されていることを確認します。

20.02.2023 7:40:15

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.