Japanese (日本語)

サンプル4。ステップ5.1:Invoice Numberフィールド名、kwInvoiceNumber要素

画像を調べると、以下に気づくでしょう:

  • Invoice Numberフィールドの名前はすべての画像に存在し、他の文書と差別化するために使用できる名前である。これを理由として、Invoice Numberフィールドの名前を必須要素とします。すなわちこの文書の種類の識別子として使用されます。詳細は、必須、オプション、禁止の要素をご覧ください。
  • 名前には以下のフレーズの1つが含まれることがあります:Invoice no.Credit note NoInvoice Number:Invoice Number
    可能なバリエーションをすべて検索文字列に表示します。各フレーズをスペースなしで入力すると、最大エラー数がフレーズ全体に適用され、単語が区切られません。
  • 各文書の最初のページにあるフィールド、最初のページの最初の部分のみが関心の対象となりました(最初のページの一部には名前に似ていながらページ下部にある静的テキストが含まれます)。

kwInvoiceNumber要素を作成するには:

  1. InvoiceHeader要素で、種類静的テキストの要素を作成して名前をkwInvoiceNumberと付けます。
  2. 全般タブで必須要素を選択します(この要素を必須にすると決めていました)。
  3. 静的テキストタブをクリックします。
  4. テキストを検索フィールドで、検索テキストを入力します:InvoiceNo.|CreditNoteNo|InvoiceNumber:|InvoiceNumber
  5. 最大エラー割合を20に設定します。
  6. 検索制限タブをクリックして、最初のページの矩形検索領域を指定する絶対座標を使用します:
    • 選択絶対検索領域制限
    • ページフィールドで、範囲をドロップダウンリストから選択します
    • 範囲フィールドで、1と入力します
    • 領域フィールドで、矩形座標[1, 1, 2475, 1878]を指定します
    • 検索領域のプロパティを指定したら、追加...をクリックします。検索領域は検索領域リストに表示されます

      表示...

  1. 高度タブをクリックします。
  2. 高度な検索前関係フィールドで、追加的な制限を指定します:
    WholeWordMode: true;// テキストオブジェクト全体のみが可能な仮説として扱われます
    MaxGapInLine: 50dt;// 近接語感
  3. 高度な検索後関係フィールドで追加的な確認を指定すると、生成される仮説の質に影響を及ぼすことができます。例: 要素が検出された場合、参照幅と検出された要素の区域幅の差を計算して、あいまい間隔にに属するかを確認しますFlexiLayout言語では、この条件は以下のように書き込みできます:
    If not IsNull then
    { FuzzyQuality: 600dt - width, {-70000,0,0,70000}*dt;
    }
    //この条件は違いが大きいほどペナルティが大きいという意味です
    注意:オブジェクトの位置とオブジェクト間の距離を指定するには、2次元座標系が使用されます。縦軸と横軸が交わる(0, 0)点は、画像の左上にあります。横軸は左から右に、縦軸は上から下に向きます。
  4. InvoiceFooter要素を一時的に除外してFlexiLayoutを合致させます。

注意:要素を除外するには、要素ツリーで選択して、FlexiLayoutメニューから無効化を選択します。

2/20/2023 7:40:15 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.