Japanese (日本語)

サンプル3。ステップ9:grDate、InvoiceDate、InvoiceDateAsString要素でInvoice Dateフィールドを記述

試験画像の分析により、Invoice Dateフィールドが請求名の右側、名前と同じ横水準で位置していることがわかります。日付要素を使用して日付を探します。日付がはっきりと認識されず、日付の検索結果が出ないような質の悪い画像がある場合は、種類文字列の追加要素を作成します。これらすべての要素に共通するプロパティを指定するには、複合grDate要素を作成する必要があります。

grDate要素を作成するには:

  1. InvoiceHeader要素で、種類グループの要素を作成して名前をgrDateと付けます。
  2. 関係タブをクリックします。
  3. 請求日フィールドの検出に使うすべての要素は、kwInvoiceDate名のキーワードの右側、名前と同じ水準でのみ発生するかもしれないため、以下の検索制限を設定します:
    • 要素kwInvoiceDate, オフセット = 0。
    • 要素kwInvoiceDate, オフセット =-10, 要素境界 = 下。
    • 要素kwInvoiceDate, オフセット =-10, 要素境界 = 上。

      表示...

InvoiceDate要素を作成するには:

  1. InvoiceHeader.grDate要素で、種類日付の要素を作成して名前をInvoiceDateと付けます。
  2. 日付タブをクリックします。
  3. 日付タブで、画像で発生し得るすべての日付形式を指定します。日付形式は日、月、年、言語は英語、日付に他の制限はないと仮定します。

    表示...

  1. 高度タブをクリックします。
  2. Invoice Dateフィールドはこの文書ではオプションであるものの、発生する時は名前があり、必ず名前の隣にあるため、高度な検索前関係フィールドで以下の追加的な検索制限を設定します:kwInvoiceDate要素が検出された場合にのみ、画像のオブジェクトを探します。kwInvoiceDate要素に最も近い画像オブジェクトを探します。FlexiLayout言語では:
    If InvoiceHeader.kwInvoiceDate.IsNull Then DontFind;
    Nearest: InvoiceHeader.kwInvoiceDate;
    注意:最も近い制限はグラフィカルなユーザーインターフェースから指定することもできます。関係タブで最も近いをクリックして、先: ドロップダウンリストで要素を選択し、kwInvoiceDate参照要素として指定します。
  3. FlexiLayoutを試験画像と合致させて、Invoice Dateフィールドが発生するすべての画像の要素が正常に検出されていることを確認してください。

要素が検出されていない画像がないかを試験して確認します。事前認識結果の分析により、フィールド領域のノイズが原因で起こっていたことがわかります。日付要素の標準プロパティのどれも状況の救済に使用できないため、検索制限のあまり厳しくない代替要素を作成します。

注意:質の悪い画像での日付の探し方の詳細は、ヘルプファイルのコツと裏技セクションをご覧ください。

InvoiceDateAsString要素を作成するには:

  1. InvoiceHeader.grDate要素で、種類文字列の要素を作成して名前をInvoiceDateAsStringと付けます。
  2. 文字列タブをクリックします。
  3. 文字カウントフィールドで、このあいまい間隔を指定します:{-1, 8, 14, INF}、文字列の長さの推定です。文字列を8~14文字と仮定します。この範囲外の仮説にはペナルティが科せられます。
  4. 最大スペース長さを20と設定します。つまり、スペースの長さは20ドットということです。
  5. 他のプロパティについては、デフォルト値をそのままにしておきます。
  6. 高度タブをクリックします。
  7. InvocieDate要素が検出されていない場合にのみこの要素を検索するようにするため、高度な検索前関係フィールドで以下の追加的な検索制限を設定します:InvocieDate要素が検出されていない場合にのみオブジェクトを探します。FlexiLayout言語では:
    If Not InvoiceDate.IsNull Then DontFind;
  8. Invoice Dateフィールドは本文書ではオプションであるものの、発生する時は必ず名前があり、名前の隣にあるため、高度な検索前関係フィールドで以下の追加的な検索制限を設定します:kwInvoiceDate要素が検出された場合にのみ、画像のオブジェクトを探します。kwInvoiceDate要素に最も近い画像オブジェクトを探します。FlexiLayout言語では:
    If InvoiceHeader.kwInvoiceDate.IsNull Then DontFind;
    Nearest: InvoiceHeader.kwInvoiceDate
    注意:最も近い制限はグラフィカルなユーザーインターフェースから指定することもできます。関係タブで最も近いをクリックして、先: ドロップダウンリストで要素を選択し、kwInvoiceDate参照要素として指定します。
  9. FlexiLayoutを試験画像と合致させて、請求日フィールドが発生し、InvoiceDate要素の帰無仮説を生成する、すべての画像の要素が正常に検出されていることを確認してください。
  10. InvoiceDateブロックの位置を記述するには、ソース要素オプションを選択して、をクリックし、InvoiceHeader.grDate要素をソース要素として選択します。

注意:グループ要素の区域は検出されたすべてのサブ要素の区域をまとめて算出されます。

2/20/2023 7:40:15 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.