タスク管理

文書はいくつかのステージで処理されます。処理ステージでは、 オペレータ 文書は変換されます。すべてのステージは特定の順序で配列されていて、文書が特定のステージに進む前に、それまでのステージを問題なく通過していなければなりません。一般的に、文書処理は以下のステージを含みます:画像追加、認識、検証、エクスポート。

それぞれのステージではタスクキューが作られ、そこには処理を待つ文書のリストが含まれています。処理が進むにつれて、文書は最初のキュー (認識) から最後のキュー (エクスポート) へと移動します。ルールとして、キューは処理ステージに対応していますが、例えば例外キューのような特別なキューもあります。

ステージ

  1. 画像をインポート
    画像は、ホットフォルダから自動的に取得されるか、スキャンステーションの オペレータ により追加されます。スキャンオペレータは文書をスキャンすることも、すでにスキャン済みの文書の画像をインポートすることもできます。この処理を自動化するため (つまり、事前に定めた設定を用い、マウスのワンクリックだけで画像を追加できるようにするため)、スキャンオペレータはスキャンプロフィールを作成できます。
  2. 認識
    認識キューは、処理ステーションで自動的に処理されます。
  3. 検証
    検証キューは、検証ステーションの オペレータ により処理されます。
  4. エクスポート
    エクスポートキューは、処理ステーションで自動的に処理されます。

処理する量が大きい場合、検証ステージは小さなサブステージに分割され、それぞれの オペレータ がより小さな業務を担当します。

以下の単独のキューを作成できます:

  • 文書アセンブリのチェック
  • データ検証 - 未確定文字のグループ検証およびフィールド検証と、フォーマットエラーの補正
  • 検証 - ルールチェックと文書ウィンドウチェック
  • バッチの整合性チェック
  • エクスポートの確認

注: キューは、バッチタイプを個別に指定されます。

キューからのタスクは、 オペレータ で必要なアクセス 許可を持つ者が処理します :

  • データ検証オペレータ - データ検証キューのみです
  • 検証オペレータ - データ検証、検証、文書アセンブリチェック、バッチ整合性チェック
  • 上級検証オペレータ - すべてのキュー

注: データ検証ステーションにより、 オペレータ はデータ検証キューからのタスクのみを処理できるようになりますが、これは本人のアクセス 許可とは無関係です 。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article