キーワード

ベンダー / 部署とインボイスヘッダーデータグループのフィールドのキーワード

ABBYY FlexiCapture for Invoicesは、画像でフィールドを検索するためにキーワードを使用します。キーワードが検出されると、プログラムはその周辺でフィールドを探します。一般的なキーワードの例としては、フィールドのタイトルやキャプションなどがあります。

たとえば、インボイスに次のテキストが含まれていたとします:Invoice Date:<value>。この場合、「Invoice Date」は次を探すキーワードに使用できます:InvoiceDateフィールド。

キーワードは次を使って指定できます→検索されたエレメント。それぞれの検索されたエレメントは、文書定義の 1 つのフィールドにしか属することができませんが、それぞれのフィールドは複数の検索されたエレメントを持つことができ、それぞれがキーワードとインボイスのフィールドの関係について別個のモデルを記述します。

  • キーワードは言語や国に固有のものです。文書定義が適用されると、プログラムはベンダーの国、部署の国、これらの国の言語などからキーワードを取得します。
  • キーワードは正規化されます。
    • タブ、スペース、改行、小数点マークなどは無視されます
    • 大文字と小文字の区別は無視されます(プログラムは大文字と小文字を区別しません)
      たとえば、キーワードで使用するためですTax pointtaxpointと同じです
  • プログラムは、キーワードで2〜3個の認識エラーを許容します(エレメントによります)。
  • キーワードが複数の言語で表示されることもあります。たとえば、Quantity/Anzahl。このキーワード全体(Quantity/Anzahl)を両方の言語に追加することをお勧めします。
フィールドグループ 検索されたエレメント 説明 次のプロパティで指定
Vendor / Business Unit 銀行口座 銀行口座フィールドのキーワード 国(キーワードタブ)
銀行コード 銀行コードフィールドのキーワード 国(キーワードタブ)
IBAN IBAN フィールドのキーワード 国(キーワードタブ)
国内 VATID 国内 VATID フィールドのキーワード 国(キーワードタブ)
合計 合計フィールドのキーワード 国(キーワードタブ)
税合計 税合計フィールドのキーワード 国(キーワードタブ)
VAT ID VATID フィールドのキーワード 国(キーワードタブ)
Invoice Header Data PurchaserNameLabels その言語で PurchaserName フィールドを表すと思われる複数の名前。 言語
PurchaserNameFalseFieldPrefixes 間違って PurchaserName フィールドと識別される可能性がある、フィールドを表すと思われる複数の名前。これらの指定は特定の場合のみに限ることを推奨します。 言語
CreditNoteKeywords 言語を貸方表として識別するために使用される言語の語。 言語
InvoiceIdentifiers 文書がインボイスであることを示す語。 言語
OrderNumberLabels その言語で OrderNumber フィールドを表すと想定される名前。 言語
InvoiceNumberExcludePreffixes 「No.」など、番号の前に置かれたり、除外されたりする語。 言語
InvoiceNumberExcludeSuffixes 番号の後に置かれたり、除外されたりする語。これらの指定は特定の例のみに限ることを推奨します。 言語
InvoiceNumberWithDateLabels

名前と日付が同じ行に書かれ、両者がスラッシュやその他の文字によって区切られている場合に、インボイス番号の前に来るテキスト。

例:

Invoice Number / date 23061336 / 07.07.2013

Rechnungsnr./ -datum 23061336 / 07.07.2013

言語

InvoiceNumberHighConfidenceLabels

InvoiceNumberLowConfidenceLabels

InvoiceNumberHighConfidenceLabels リストには、「インボイス番号」や「文書番号」といったフィールドを曖昧に識別するテキストの部分が含まれています。「No.」や「請求」など、テキストのより曖昧な部分は、InvoiceNumberLowConfidenceLabels にリスト化されています。 言語
DueDateLabels その言語で DueDate フィールドを表すと想定される名前。 言語
DeliveryDateLabels その言語で DeliveryDate フィールドを表すと想定される名前。 言語
InvoiceDateLabelsNearCity 都市名と日付が同じ行にある場合に両者を区切るために使われるテキストの部分(コンマなど)。 言語
InvoiceDateLabelsNearInvoiceNumber インボイス数と日付が同じ行にある場合に両者を区切るために使われるテキストの部分。 言語

InvoiceDateHighConfidenceLabels

InvoiceDateLowConfidenceLabels

InvoiceDateHighConfidenceLabels リストには、「インボイス日」や「文書日付」といったフィールドを曖昧に識別するテキストの部分が含まれます。「税日付」や「課税時期」など、テキストのより曖昧な部分は、InvoiceDateLowConfidenceLabels にリスト化されています。 言語

金額グループのフィールドのキーワード

ABBYY FlexiCaptureは、ある語が複数の語の組み合わせの一部であることを判断できます。たとえば、total total netto というキーワードを追加し、画像にtotal nettoが含まれていると、この語はtotal nettoとして認識され、total

  • プログラムが許容するキーワード認識エラーは 3 つまでです。
  • この制限により、エラーとなる場合があります。たとえば、プログラムがbruttonettoを混同することがあります。このようなエラーを避けるには、値(たとえばtotal netto)をAmountTotalNettoLabelsに追加する場合は、対応する値(たとえばtotal brutto)をAmountTotalLabels
フィールドグループ 検索されたエレメント 説明 次のプロパティで指定
Amounts

AmountTotalHighConfidenceLabels

AmountTotalLowConfidenceLabels

次のキャプション→合計フィールド。

インボイスの合計金額で表示されるキャプションは、HighConfidenceグループに配置してください。

他の金額で表示されるキャプションは、LowConfindenceグループに配置してください。

言語
AmountTotalNettoLabels 次のフィールドの左または上にあるキーワード→Total Nettoフィールド 言語
AmountTotalTaxLabels 次のフィールドの左または上にあるキーワード→Total Taxフィールド 言語、国(キーワードタブ)
ReversedChargeKeywords 言語で「Reversed Charge」を使う語 言語
税率 税率のキーワード 国(税率タブ)
通貨 通貨を示すキーワードまたは文字 国(通貨タブ)

注:通常、同じ語をTotal NettoTotalに追加するのはあまりよくありません。

明細項目グループのフィールドのキーワード

キーワードは、インボイスのフィールドを含んでいるテーブルのタイトルを探したり、表で特定の列を探したりするために使われます。列のタイトルで頻繁に使用され、検索されたエレメントに対応する語が、この機能をフルに発揮します。

異なる列のタイトルで同じ語が見つかる場合は、その語をこれらの列の検索されたエレメントに追加することを推奨します。この場合、プログラムはこれらの列にあるセルの内容別に列を識別できるようになります。

プログラムがそれでも列を識別できなかったり、その語がある列では頻繁に使用され、他の列ではたまにしか使用されない場合は、最も頻繁に使用される列の検索されたエレメントに語を残し、他の列の検索されたエレメントからは削除してください。

  • プログラムが許容するキーワード認識エラーは 3 つまでです。
  • キーワードが複数の行に現れることはできません。
  • 列の内容は、列のタイトルのすぐ下に配置する必要があります。
  • 画像でのキーワードは、スペース、コンマ、ピリオドで囲まれている必要があります。したがって、Quantity/Anzahlは 1 つのキーワードであり、Quantity/Anzahlは 2 つのキーワードということになります。
    キーワードが複数の方法で書かれる場合は、その方法をすべて追加します。たとえば、Quantity/Anzahl,QuantityAnzahl
フィールドグループ 検索されたエレメント 説明 次のプロパティで指定
Line Items LineItemsArticleNumberLabels 物品番号列のキーワード 言語
LineItemsArticleNumberBULabels 物品番号部署列のキーワード 言語
LineItemsCurrencyLabels 通貨列のキーワード 言語
LineItemsDeliveryDateLabels 配送日列のキーワード 言語
LineItemsDescriptionLabels 説明列のキーワード 言語
LineItemsDiscountAmountLabels 割引金額列のキーワード 言語
LineItemsDiscountPercentageLabels 割引率列のキーワード 言語
LineItemsMaterialNumberBULabels 材料番号部署列のキーワード 言語
LineItemsMaterialNumberLabels 材料番号列のキーワード 言語
LineItemsOrderDateLabels 発注日列のキーワード 言語
LineItemsOrderNumberLabels 発注番号列のキーワード 言語
LineItemsPositionLabels 位置列のキーワード 言語
LineItemsQuantityLabels 数量列のキーワード 言語
LineItemsQuantityOrderedLabels 発注済み数量列のキーワード 言語
LineItemsQuantityUndeliveredLabels 未配送数量列のキーワード 言語
LineItemsSubtotalVariants 予約済み 言語
LineItemsTotalPriceBruttoLabels 税込金額合計列のキーワード 言語
LineItemsTotalPriceNettoLabels 正味金額合計列のキーワード 言語
LineItemsUnitsOfMeasureLabels 単位列のキーワード 言語
LineItemsUnitsOfMeasureVariants 単位列でフィールド値を表すと思われるもの 言語
LineItemsUnitPriceDenominatorLabels

インボイス項目の等価を計算する際、単価列の乗数として使用される列ヘッダーのキャプションは、Unit Price * Denominator * Quantity = Total Netto

たとえば UnitPrice がユニット当たりの価格で Quantity がパックの数を示しているのであれば、論理型列である UnitPriceDenominator は 1 パックのユニットの数を示す列に相当します。

言語
LineItemsUnitPriceLabels 単価列のキーワード 言語
LineItemsVATAmountLabels VAT 金額列のキーワード 言語
LineItemsVATCodeLabels VAT コード列のキーワード 言語
LineItemsVATPercentageLabels VAT 率列のキーワード 言語

注:キーワード検出の品質はフルテキスト認識の品質によります。

事前認識モードは、文書定義プロパティのダイアログボックスにあるFlexiLayoutタブで変更できます。事前認識の品質が高いほど、時間がかかります。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article