フィールドおよび静的エレメントの自動検出

画像を追加するときの自動検出:

ページ画像が追加されると、プログラムは常にアンカーを検出します。画像に標準のアンカー(黒四角など)がある場合は、これらが検出されてマークされます。ユーザーが以下を有効にしている場合、プログラムはテキストフィールドとチェックマークを検索します: テキスト または チェックマーク オプション。このプログラムは、領域と長方形のチェックマークが付いたテキストフィールドの自動検出を特によく実行します。フォームの入力フィールドに領域がなく、白い背景に対してチェックマークが挿入されている場合は、通常は手動でハイライト表示する必要があります。

文書定義エディタのウィンドウでの自動検出:

文書定義エディタのウィンドウで自動検出するには、必要なモード(フィールドまたは静的エレメント)を選択し、その後にメニュー項目を選択します ツール→ タイプ別にオブジェクトを自動検出... 。自動的に検出されるフィールドまたは静的エレメントのタイプをマークします。

画像上の特定のオブジェクトを自動的に検出する必要がある場合は、必要なモード(フィールドまたは静的エレメント)を選択し、 ツールバーをクリックします。エレメントをクリックすると、長方形でマークされます。エレメントタイプは自動的に検出されます。

領域の自動検出:

特定のタイプのフィールドまたは静的エレメント領域が自動的に検出されるようにするには、以下の手順を実行します:

  1. 必要なモード(フィールドまたは静的エレメント)を選択します
  2. ツールバーの適切なボタン活用して、フィールドまたは静的エレメントのタイプを選択してください
  3. 使用するキー: Shift
  4. フィールドまたは静的エレメント領域で左クリック

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article