インボイスキャプチャ中のトレーニング

フィールドからABBYY FlexiCapture for Invoicesが自動的に抽出したデータの品質に満足できない場合は、インボイスのキャプチャ中にプログラムをトレーニングできます。

このトレーニングは、同タイプのインボイスの3つの画像上にあるフィールドの正しい位置を示すことで実施できます。全ドキュメントをエクスポートしたときの既定の移動先→トレーニングステージ。トレーニング手順を実行し、このタイプの新しいインボイスを処理するときにこの手順の結果を使用します。

重要!インボイスのキャプチャ中のトレーニングは、管理者による許可が必要です。

インボイスのキャプチャ中にプログラムをトレーニング方法

1.インボイスのバッチ(先月受け取ったインボイスなど)を収集し、その入力を開始します(詳細→インボイスをキャプチャする方法)。

2.入力された文書は自動認識され(管理者がこのオプションを有効化している場合)、ルールを使ってチェックされます。

3.結果として得られたインボイスのステータスが有効以外の場合、または何らかの理由でプログラムが画像で一部のフィールド検出に失敗した、あるいは検索場所が正しくないと考えられる場合は、文書エディタでインボイスを開きます。

4.文書フォームをチェックします。ベンダーグループのフィールドは正しく入力してください。

詳細...

5.トレーニングに必要な条件の 1 つは、画像にあるすべてのフィールドの領域の位置が実際のインボイスでの位置とマッチしていることです。領域が正しく検索されることを確認する必要があります。
最低でも3つの文書の画像上の領域の位置を修正し、検出されなかったフィールドの領域を描画します。

フィールドの領域を変更する方法

6.全文書をエクスポートすると、既定で次に移動します→トレーニングステージ。トレーニング処理が開始します(文書定義のトレーニングウィンドウが表示)。この文書タイプ用に特別な FlexiLayout バリアントが作成されるか、サンプル画像を追加し続けるようプログラムから指示があります(この場合は次の文書を選択してステップ 4 に戻ります)。
トレーニングに成功した FlexiLayout バリアントは、発行するインボイスが特定の文書タイプに属するベンダーからの次のインボイスで使用されます。トレーニングを通じて獲得した知識を利用しながら、認識されたフィールド領域をインボイス画像のフィールドとマッチングさせます。

7.文書タイプがトレーニングされているベンダーからインボイスをさらに追加し、認識させます。その後、新しく追加されたインボイスを文書エディタで 1 つずつ開き、領域が正しくマークアップされているかチェックします。領域がすべて正しく把握されたら、追加のトレーニングは必要ありません。

このセクションのステップを完了して達成された結果が満足できるものでない場合は、ベンダーからインボイスのトレーニングを続けます(ステップ 4-5)。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article