柔軟な記述に基づく文書定義の作成

請求書、支払指図書などの文書では、固定フィールドの場所で文書定義を作成することはできません。これは、位置、サイズ、および番号が同一ではない可能性があり、固定文書定義をすべての文書に適用できないためです。このような文書では、プログラムはページ全体を事前に認識した後にフィールドを検索し、フィールドのキーワードと相対的な位置に基づいて柔軟な文書定義を作成します。

特別なプログラムモジュールABBYY FlexiLayout Studioは、FlexiLayouts(ABBYY FlexiCaptureと一緒に提供される)を設計するためのものです。FlexiLayoutの設計に関する詳細な手順は、ABBYY FlexiLayout Studioのヘルプトピックを参照してください。

FlexiLayoutは*.aflファイルにエクスポートされ、ABBYY FlexiCaptureにロードされます。FlexiLayoutは、文書定義全体またはそのセクションの1つとして使用できます。FlexiLayoutは複数ページである可能性があります。

注:1つの文書に対して、メインの1つのFlexiLayoutの以外に、追加のFlexiLayoutをいくつも作成できます。最初にメインのFlexiLayoutが適用され、次に追加のFlexiLayoutが1つずつ適用されます。メインと追加のFlexiLayoutでフィールドの名前と型が同じ場合、それらのフィールドは結合されます。フィールドの名前が同じでも、メインと追加のFlexiLayoutで型が異なる場合は、追加のFlexiLayoutsは読み込みされずにエラーメッセージが表示されます。

FlexiLayoutの添付

FlexiLayoutは、文書定義を作成するステージで取り付けることができます。これを行うには、文書定義ウィザードの2番目の手順で、文書画像を追加し、FlexiLayout をロードオプションを選択し、FlexiLayoutを含む* .aflファイルへのパスを入力します。

文書定義セクションのプロパティダイアログボックスを使用して、文書定義エディタからFlexiLayoutを添付することができます。

  1. 文書セクションを選択します。(文書が単一のセクションで構成されている場合は、文書構造ウィンドウで、ページタブをクリックしてセクションの名前を選択します)。右クリックし、プロパティ...をショートカットメニューから選択します。
  2. 次にFlexiLayoutタブをクリックします。
  3. クリックロード...
  4. FlexiLayoutを含む必要な*.aflファイルを選択します。

FlexiLayoutを接続すると、フィールドのレイアウトが画像に表示されます。これで、固定文書定義の場合と同様に、フィールドプロパティを設定する必要があります。認識、検証、およびエクスポートのプロパティを指定し、必要なルールを設定します。

FlexiLayoutの更新

ドキュメント定義で使用されるFlexiLayoutsを更新するには、クリック:ツール→FlexiLayouts を更新...。ダイアログボックスが表示されたら、FlexiLayoutsへのパスを指定してクリックします更新

注:可能なフィールド値を含むテキストファイルを含むFlexiLayoutをインポートする場合、プログラムはFlexiLayoutの作成時に定義された相対パスを使用します。相対パスはプロジェクトファイルからの相対パスです。これらのファイルを編集するには、プロジェクトをローカルに保存して(プロジェクト→プロジェクトをエクスポート...をクリックして)、ファイルを編集し、サーバー上のプロジェクトを更新します(クリック:プロジェクト→プロジェクトを更新...)。

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article