エクスポートファイルの命名オプション

ファイル名とパスは、ユーザーが指定した基準に基づいて、エクスポート時に自動的に形成されます。データファイル名と画像ファイル名の両方を設定できます。

注:ファイルにエクスポートするときに、データファイル名テンプレートを指定することは可能です。画像ファイル名テンプレートは、ファイル、ODBC互換データベース、Sharepointおよび画像ファイルにエクスポートするときに指定できます。

注:文書セットを使用している間、インデックス画像フィールドのファイル命名オプションは、元のフィールドから取得されます。

ファイル名とパスの構成は、宛先とファイルの命名テンプレートウィンドウで設定できます。選択したエクスポートタイプに応じて、このウィンドウを開くには、以下をクリックします:編集...(ファイル命名テンプレートのフィールドの左側) またはファイル命名オプション...

エクスポートファイルのテンプレートを作成するには、表示フィールドで選択可能な2つのオプションがあります。

  • シンプル,

    詳細

  • 詳細設定,

    詳細

ファイル名が正しく生成されるようにするには、選択したファイル命名オプションが空白のファイル名にならないようにしてください。これが当てはまる場合、プログラムは警告メッセージを表示します。

注:データとともにエクスポートされる文書イメージファイルの命名に使用されるスキームは、データの命名に使用されるスキームと同じにすることができます。同じスキームを使用するには、データと同じオプションを画像のエクスポート設定タブで宛先とファイルの命名テンプレートダイアログから選択します。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article