テキストデータタイプ値範囲の制約

表示された検証の設定ダイアログボックスでは、フィールドに入力されたテキストの値範囲の制約を指定することができます。

注:このプログラムは、テキストコンテンツを含むデータタイプだけでなく、他のコンテンツを持つデータタイプもテキストタイプとして扱いますテキストとして値を処理(コンテンツはオプションが選択されています)。

  • 最大長フィールド内のテキストの最大長を指定します。
  • フィールド値をチェックするために正規表現を使用する必要がある場合は、内容制限フィールドで、リストから正規表現を選択します。
    正規表現を正しく作成するにはボタンが役立ちます。詳しくは、正規表現で使用されるアルファベットを参照してください。
    エラーメッセージをより読みやすくするには、正規表現に関する説明フィールドに、エラーメッセージで使用される正規表現の説明を入力します。
  • 許可された値のリストを指定する必要がある場合は、内容制限フィールドで、リストから許容値を選択します。値を追加するには、追加...をクリックして値を入力します。値を編集するには、編集...をクリックし、値を削除するには、削除をクリックします。ファイルから可能な値をロードするには、以下をクリックします:ロード...

    許可された値で作業

  • そして許容値の外部ソースを使用認識された値が、外部テキストファイル、データベース、またはデータセットから許容値のリストをチェックする必要がある場合は、このオプションを選択します。値のソースを指定するには、編集...ボタンをクリックして行ってください。このタイプのチェックでは、許容値のリストはプロジェクトにコピーされず、チェックの間に外部ソースへの接続が直接実行されます。
  • 検証エラーを警告として処理指定した制約に違反して警告として扱われるようにするには、このオプションを選択します。警告は、オペレータが次の処理段階に文書を送信することを妨げるものではなく、補正されていない形式のエラーの場合、送信する前にオペレータによる追加の確認が必要です。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article