XML ファイルでのインボイス処理設定の編集

インボイス処理設定は、XML ファイルへのエクスポート、編集、プログラムへの再インポート、別のプロジェクトでの使用が可能です。

XML 設定ファイルのコンテンツ

XML 設定ファイルには以下が含まれています:

  • キーワード、および以下のタグで囲まれている言語や国固有の設定:
    <Countries><Country></Countries> や <Languages> <Language></Languages>
  • 発注番号の正規表現は以下のタグで囲まれています:
    <OrderNumber><Value><RegularExpression></RegularExpression></Value></OrderNumber>;
  • インボイス処理のための文書定義の追加機能のリスト(追加フィールドオペレータ向け追加プログラム機能の有効化を参照)およびそのステータス(有効/無効)は、AdditionalFeaturesタグの中にあります。
  • インボイス認識言語のリストは、PrimaryLanguagesタグの中にあります。
  • インボイスステータス追加機能の設定(詳細はABBYY FlexiCapture for Invoices プロジェクトで使用される文書のステータスを参照)は、DocumentStatusタグの中にあります。

現在の設定を XML ファイルに保存する方法

  1. 文書定義エディタで次をクリック:文書定義プロパティ...文書の定義メニュー。
  2. 次に文書定義設定タブをクリックします。
  3. 次に設定のエクスポート...ボタンをクリックして行ってください。
  4. ファイルを保存します。

結果ファイルはテキストエディタで編集できます。

XML 設定ファイルから設定をインポートする方法

  1. 文書定義エディタで次をクリック:文書定義プロパティ...文書の定義メニュー。
  2. 次に文書定義設定タブをクリックします。
  3. 次に設定のエクスポート...ボタンをクリックして行ってください。
  4. インボイス設定があるファイルを開きます。

重要!XML ファイルにタグのエラーや無効な値が含まれていたり、ファイルの構造が正しくない場合、このファイルから設定をインポートした時点でエラー行の番号を示す通知が表示されます。不明なファイルセクションやパラメータは無視されます。

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article