ルール設定ダイアログボックス

表示された 詳細設定 ルール ワークフロー設定 ルールを使用して退出ルートの設定及びステージ条件の入力が出来ます。

タスクが連続したステージに送信される条件、そして、ドキュメントがステージで承認される条件を、両方設定できます

ルール送信は、 次のステージ ステージを追加もしくは編集した際に表示されるダイアログボックスにて設定できます 。 ルーティングを終了 タブで ワークフローステージプロパティ

ドキュメントがステージにて承認される条件を設定するルールはタブにて設定できます。 エントリ条件 タブで ワークフローステージプロパティ

退出ルート及び進入条件は、スタンダードルールもしくは ステージルールスクリプトにて 設定が出来ます。

新しいルールを追加するには ルール... ボタンをクリックして行ってください。ルールを編集する為にクリックしてください。 編集...

その ルールの設定 ダイアログボックスは以下のフィールドが含まれます:

フィールド 説明
名前 ルール名
条件タイプ

以下のタイプから選択ができます

  • 標準ルール
  • スクリプト
また、 標準ルール 条件タイプ:
次の場合にルールを実行

以下の選択肢から一つ選択してください:

  • 条件が満たされます
  • 条件は満たされません
条件

以下の条件から一つ選択してください:

  • タスクは正常に処理されました。
  • 検証用の文字の数が式を満たします
  • 検証用の文字のパーセントが式を満たします
  • 強制検証用フィールドの数が式を満たします
  • ダブル検証用の文字の数が式を満たします
  • ルールエラーがある
  • アセンブリエラーがある
  • バッチ整合性エラーがある
  • フィールドの値が式を満たします

エクスプレッションを含む条件においては、参照値を入力し、確認される値が入力された値と一致、一致しない、少ない、以下、多い、以上のいずれでなければならないかを選択してください。

また、 フィールドの値が式を満たします 条件においては、参照値と比較される値が入力されたフィールドを選択してください。このためには、 選択... ボタンをクリックし、任意のフィールドをリストから選択してください。

また、 スクリプト 条件タイプ:
スクリプト... 次の場所を開きます: オプションの下の ではステージルールを ステージルールスクリプトにて 。スクリプトエディタを終了時に、保存されたスクリプトコードが ルールの設定 ボタンの左側のウインドウに表示されます。 スクリプト... ボタンをクリックして行ってください。

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article