アンカーバーコード

アンカーバーコード - 静的要素

重要! バーコードは、フィールドまたは静的エレメントとして強調表示することができます。これは処理中の文書のバーコード値に依存します。文書定義の一致または識別を目的とする場合は、静的要素モードで作成する必要があります。バーコードがデータ収集を目的としている場合は、フィールドマーキングモードでバーコードを作成する必要があります。バーコードのプロパティはフィールドか静的エレメントかどうかによって異なります。このセクションは静的要素アンカーバーコードについて説明しています。併せてバーコードフィールドもご覧ください。 バーコードフィールド

アンカーバーコードをハイライトするには:

  1. 静的要素モードに切り替えます
  2. 次を選択: を選択します。
  3. バーコードの隅にカーソルを置き、左クリックして反対側のコーナーにカーソルを斜めにドラッグするか、
    または
    この シフトクリック をバーコード領域で使用します。

アンカーバーコードのプロパティ

アンカーバーコードのプロパティを調整するには:

  1. バーコードをハイライト
  2. バーコード領域で右クリックし、 プロパティ... ショートカットメニューからアイテムを選択
  3. 開いたダイアログボックスのプロパティを修正:
    全般 タブ:
    • 文書定義のマッチングに使用 文書定義マッチングのバーコードを使用するには、プログラムでこのオプションを有効にしておかなければなりません
    • 文書定義の識別に使用 文書定義識別のバーコードを使用するには、このオプションを有効にします。
    • もしアンカーバーコードを識別子として使用しているのであれば、 その値を指定することが出来ます 。自動で値を挿入するには、ボタンをクリックしてください。 ヒント ボタン
    • 文書定義のマッチングに必須 このオプションが選択されている場合は、文書定義はバーコードが一致している場合にのみ一致します。それらバーコードの値、もしくはいくつかのバーコードの中のひとつの値によってのみ識別できるバッチ内に、非常によく似た文書定義がいくつもある場合、このオプションを選択してください。この場合、このオプションを選ぶことは文書定義選択を高速化することにつながります。バーコードがなくてもドキュメント定義を一致させたい場合や、あまりにもぼやけている場合は、このオプションを選択しないでください。

認識 タブ:

  • コードタイプ バーコードタイプの指定(通常は自動的に決定します)
  • 向き バーコードの向きを指定します。
  • バーコード画像処理オプションも設定可能です:
    • 反転 画像を反転させます
      • テクスチャを削除 -テクスチャを削除
      • 斑点削除 このオプションを有効にすると、画像からゴミを除去します。
      • 指定したサイズのゴミのみを消去 指定した大きさのゴミだけ除去する場合は、このオプションを有効にしてください。ゴミの大きさを指定します。このオプションが無効で、 斑点削除 オプションが有効になっていると、ゴミのサイズが自動で選択されます。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article