ライセンスサーバー

システムには有効な保護キーが必要です。このキーは、ABBYYアクティベーションサーバーで有効にする必要があります。

ABBYY FlexiCaptureは、次の2種類の保護キーをサポートしています:

  • ハードウェア保護キー
  • ソフトウェア保護キー

ハードウェア保護キー

ハードウェア保護キーは、コンピュータのUSBポートに接続する「ドングル」です。

ハードウェア保護キーは、ライセンスサーバーをインストールしたコンピュータのUSBポートに接続してください。ハードウェア保護キーは、インターネット経由でのみ自動で有効化されます。

ライセンスのパラメータは保護キーに保存されます。USBドングルでライセンスを受け取った場合、ライセンスを有効にする必要はありません。そのままUSBドングルをコンピュータに接続してください。

重要!ハードウェア保護キーが正常に動作するように、標準のSmartCardが実行されていることを確認してください。

ソフトウェア保護キー

ソフトウェア保護キーはコンピュータファイル(ライセンスファイル)です。

ソフトウェア保護キーは、ABBYYアクティベーションサーバーで有効化してください。アクティベーションは、ABBYY FlexiCapture ライセンスマネージャで実行されます。ライセンスマネージャは、ライセンスサーバーがインストールされると自動起動します。

アクティベーションに必要なデータは、製品 IDの形式でサーバーに送信されます。製品IDは、ABBYY FlexiCaptureがインストールされているコンピュータの情報に基づいて生成されます。製品IDの生成に個人情報は使用されず、このコードを使用してユーザーの特定はできません。

有効化メソッド:

  • インターネット経由(自動、推奨)
    インターネット経由のアクティベーションは、完了するのに数秒かかります。使用できるインターネット接続が必要です。
  • メールを使用して
    ライセンスサーバーをインストールしたコンピュータに、電子メールメッセージが自動生成されます。この電子メールメッセージには、ライセンスファイルの有効化に必要なデータが含まれています。アクティベーションサーバーからすぐ応答があるように、このメッセージのテキストを変更しないでください。
  • 別のコンピュータからの電子メールで
    別のコンピュータからアクティベーション用のメールメッセージを送信するには、まずライセンスサーバーがインストールされているコンピュータでメールメッセージを生成する必要があります。次に、このメールメッセージの本文を別のコンピュータのメールに貼り付け、ABBYYアクティベーションサーバに送信します。アクティベーションサーバーからすぐ応答があるように、このメッセージのテキストや件名を変更しないでください。

再アクティベーション

ライセンスサーバーを、何度でも同じコンピュータに再インストールできます。新しく有効化する必要はありません。ただし、ハードウェアの大幅な変更や、ハードドライブのフォーマット化、OSの再インストールが行われると、再度ライセンスファイルをアクティブにする必要があります。

各シリアル番号に対して、アクティベーション数が監視されます。最大アクティベーション数を超えた場合、ライセンスファイルをアクティベーションできなくなります。無効化の手順を開始することで、アクティブ化されたライセンスを解除できます。これで、アクティベーションカウンターが減ります。

ライセンスの管理

ライセンスの追加、有効化、選択、無効化、各ライセンスに関する情報の表示は、ライセンスサーバーと一緒にインストールされるABBYY FlexiCaptureライセンスマネージャで行えます。

ABBYY FlexiCaptureのライセンスマネージャを起動する場合は、スタート→すべてのプログラム→ABBYY FlexiCapture 12サーバー→FlexiCapture 12 ライセンスマネージャの順で選択してください

新しいライセンスを追加

ライセンスの追加方法:

  1. ABBYY FlexiCaptureライセンスマネージャのメインウィンドウで、有効にする…
  2. 新しいシリアル番号を入力して、次へをクリックし、次の手順に従います:ABBYY FlexiCaptureのアクティベーションウィザード

注:ライセンスが追加されていない場合、ABBYY FlexiCapture ライセンスマネージャを起動すると、ABBYY FlexiCaptureのアクティベーションウィザードが自動的に起動され、シリアル番号の入力を求められます。

ライセンスの使用

ABBYY登録サーバーから最新のライセンス情報を読み込むことで、ライセンスを更新できます。

  1. ABBYY FlexiCaptureライセンスマネージャウィンドウで、更新するライセンスを選択し、次をクリックします:更新…
  2. 更新方法を選択し、ライセンスを更新してください。

連携中のライセンスを選択します

使用するライセンスの選択方法:

  1. ABBYY FlexiCaptureライセンスマネージャウィンドウで、使用したいライセンスを選択します。
  2. 次に次を選択:ボタンを選択するか次を選択:をライセンスのショートカットメニューから選択します。

テナントライセンスの管理については、以下を参照してください:管理および監視コンソールのヘルプにおけるテナントライセンスの使用。

ライセンスパラメータ

表示されたライセンスパラメータフィールドで、選択したライセンスの次のパラメータを表示できます:シリアル番号、ライセンスの種類、ステーションと開発ツールの数の制限、時間とパフォーマンスの制限など。

注:ライセンスの種類によってステーション数の制限を、リッチステーションとWebステーションの両方で個別に指定したり、両タイプのステーションで同様に指定したりできます。

ライセンスの無効化

ライセンスの無効化は、FlexiCapture ライセンスマネージャ ライセンスマネージャウィンドウで無効化したいライセンスを右クリックして、ライセンス認証解除をローカルメニューから選択します。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article