処理サーバーおよび処理ステーションの設定

処理サーバーは、処理サーバーモニターに設定されます。サーバーとともに自動でインストールされるアプリケーションです。

処理サーバーの設定:

  1. 処理サーバーモニターを起動(次を選択: スタート→すべてのプログラム→ABBYY FlexiCapture 12サーバー→処理サーバー
  2. サーバーを追加するには次を選択します: 操作→ サーバーを追加...
  3. アプリケーションサーバーへのパスを提供します( 操作→ プロパティ )。
  4. 処理サーバーを開始します( アクション→スタート )
    注: 処理サーバーを開始するには、管理者はサーバーが実行中の($)ユーザーアカウントへアクセス許可を発行する必要があります。
  5. 処理ステーションのリストを作成後、そのプロパティを指定して開始します:
    • ステーションを追加するには、処理サーバーツリーの ステーション ノードへ移動して、 操作→ ステーションを追加...
    • ステーションを設定するには、ステーションの全リストとそのショートカットメニューからステーションを選択して、 プロパティ
    • 必要なステーションパラメータを指定します。起動、優先度、可能なタスクタイプなどです。

重要! 同時に処理する最大数は( プロセスの最大数 フィールド)許可された処理数を超えてはいけません( 許容されるプロセス数 フィールドの隣に表示されます)。同時に、すべての処理ステーションでできる同時処理の総数は、ライセンスで許可されている数より少ない恐れがあります。さらに多くのステーションを開始しようとすると、実行されません。

一般的に、処理ステーションと処理サーバーは異なるアカウントで実行できます。既定では、またはネットワークサービスで開始されている場合、処理ステーションは処理サーバーと同じアカウントで実行されます。その 許可 は、ステーションがサーバーに接続されているときに、処理サーバーがステーションへ与えます。

重要! 処理サーバーと処理ステーションのシステム時間は同期してください。システム時間の差が24時間を超える場合、処理ステーションは開始されません。

タスクのタイプ(ホットフォルダからインポート、事前処理、エクスポート)、タスクの実行開始時刻、バッチ名、実行の進捗状況、ステータス、優先順位、作成者、ステーション(タスクの実行だけでなく、プロジェクトのパスがタスクのリストで使用可能になります)の名前に関する情報。

ステータス 成功 タスクがエラーなしで完了したことを示します。タスク実行中にエラー発生すると、 失敗 ステータスがタスクに割り当てられます。ステータスはタスク名の横にアイコンの形で表示されます。

注: タスクの実行中に情報メッセージ、警告、エラーが表示されても、タスクの実行が成功したと見なされた場合(問題はタスクにとって重要ではありません)、タスクの状態をタスクアイコンでトレースできます。たとえば、データ受信者へのアクセスが拒否されたため、義務ではないエクスポートが失敗した場合です。

その ログを表示 項目は、選択されたタスクの処理中に、プログラムで実行された全アクションの詳細情報を含む、追加ウィンドウを開きます。たとえば、認識の際に必要な文書定義がどのように選択されているか追跡したり、情報のメッセージや警告を調べたりできます。

リストにある全イベントがテキストファイル(*.txt)で保存されます。この場合、 リストをエクスポート... クリアにします。

デフォルトで処理サーバーモニターは、正常に完了したタスクに関する情報がタスクリストから自動で削除するように構成されています。表示された ファイル→ 設定... ダイアログでは、タスクリストからタスクの表示や削除の設定を構成できます。処理サーバー上の実行タスクの全統計を保持する必要がある場合、 完了したタスクをリストから削除 オプションを有効にします。

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article