データエクスポートの設定

1つのABBYY FlexiCapture for Invoicesプロジェクトでは、文書の各ステータスに対してエクスポートプロファイルを設定できます(ステータスに関する詳細はこちら→ABBYY FlexiCapture for Invoices)。たとえば、ステータスが拒否の文書を個別フォルダへエクスポートできます。各エクスポートプロファイルには、独自のエクスポート設定(データファイルや ODBC 互換データベースへのエクスポートなど)、エクスポートパス、データのエクスポート元フィールドのリストなどがあります。

キャプチャしたデータは検証後にエクスポートする必要があります。プロジェクトには既に、例として提供されたエクスポートプロファイルが 2 つあります。そのうちの 1 つはステータスが有効の文書用で、もう 1 つはステータスが例外の文章用です。例外ステータスになります。どちらのプロファイルも.csv形式でデータをエクスポートしますが、異なるパスを使用します。1つ目はデータをエクスポート(有効)フォルダへエクスポートし、2 番目はエクスポート (例外)フォルダへデータをエクスポートします。エクスポートプロファイルの詳細はこちら→エクスポート設定

文書のステータスに基づくエクスポートの設定

エクスポートの設定ABBYY FlexiCapture for Invoicesとほぼ同等→ABBYY FlexiCapture(参照:エクスポート設定):

  1. フィールドプロパティをプロジェクトメニューを開き、文書定義...をクリック。
  2. 次に編集...ボタン(表示されたダイアログボックス内の)をクリックします。
  3. フィールドプロパティを文書の定義メニューを開き、エクスポート設定...をクリック。
  4. 表示されたダイアログボックスで、追加...ボタンをクリックしてエクスポート先ウィザード
  5. エクスポートの設定を指定します。
  6. そしてフィールド条件オプションを有効にします。
  7. 表示されたエクスポート条件ダイアログボックスで選択...ボタンをクリックして行ってください。
  8. そしてステータス項目(フィールドリストの)をダブルクリックして選択します。
  9. ドロップダウンリストからセットに所属しますを選択します。
  10. ステータスを指定(有効,例外または拒否)エクスポートに必要なインボイスです。
  11. 次に追加ボタンをクリックして行ってください。
  12. クリックOK。選択したステータスの値が表示されますエクスポート先ウィザード
  13. ウィザードの指示に従って、エクスポートプロファイルを設定します。

これで、指定したステータスの文書に適用される新しいプロファイルがエクスポートプロファイルのリストに含まれるようになります。

データのエクスポート元にする必要があるフィールドのリストの編集

既定では、全フィールドからデータをエクスポートします。ただし、指定したフィールドからデータをエクスポートしないことや、各エクスポートプロパティでデータのエクスポート元に設定が必要なフィールドを別リストで作成することも可能です。詳しくは以下を参照してください:エクスポート設定

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article