付録のある文書の文書定義の作成

ABBYY FlexiCaptureを使用すると、付録のある文書の文書定義を作成できます。付録は、各用紙に添付できる追加のページです。これらのページには文書定義は適用されませんが、文書の組み立て時に考慮されます。例えば、ローンの申込書(定型書式)は、自由書式の損益計算書とともに提出されます。この損益計算書は付録として処理することができます。

付録のある文書の文書定義を作成するには:

  1. 文書定義のプロパティダイアログボックスを開きます( 文書定義 → 文書定義プロパティ... 文書定義エディタウィンドウで)。
  2. 移動して アセンブリ タブをクリックします。
  3. オプションを有効にします 付録ページを有効化 。この 付録ページ 行がセクションリストに表示されます。
  4. 付録のページの最小ページ数と最大ページ数を入力します。

    ダイアログを表示

付録からテキストを保存するために、 エクスポートを設定するときは、 画像保存オプションを指定する必要があります( エクスポートの設定 ダイアログボックスで)。PDF検索可能を選択して画像を保存すると、テキストが認識され、 PDF検索可能ファイルに保存されます

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article