フィールド検証

フィールド検証は、「よく認識された」フィールド、すなわち値の範囲がわかっているか容易に識別できるフィールドのエラーを効果的に修正するための検証モードです。このようなフィールドの例は、国名または都市名です。フィールドを補正する方法を決定するには、このフィールドを表示してその値の範囲を知るだけで済みます。入力エラーとフィールドフォーマットエラーの両方を補正することができます。

誤って認識された文字を補正するには、テキストエディタの標準モードを使用できます:文字の貼り付けと置き換えモードは、キーボードのInsertボタンを押して2つのモードを切り替えることができます。

ユーザーは、各フィールドの認識結果をシーケンスで確認し、必要に応じて補正し、フィールドを確認ボタンをクリックするか、Enterキーを押して確認します。

フィールドの値を補正する必要があります。フィールドを補正または確認せずにスキップする場合は、フィールドの延期ボタンをクリックするか、Ctrl+Enterショートカットを使用します。フィールドは未確認としてマークされ、ワークフローの設定に従って次のステージに送信されます。

フィールド表示モードを有効にすることができます。最後に、ページの下部にあるフィールドのページ画像リンクをクリックするか、Ctrl+Alt+Iショートカットを使用します。これで画像ズームリストから、画像スケールをリストに追加してください。リンクをクリックするか、ショートカットを繰り返し押すと、フィールドが非表示になります。また、他のドキュメントの類似フィールドのフィールド表示モードを有効にすることもできます。このためには、類似フィールドリンクをクリックするか、Ctrl+Alt+Fショートカットを使用します。

Ctrl + Alt + Cキーを押すか、設定ボタンをクリックし、カラーページ画像の表示オプションを選択してください。

既定の設定で、チェックマークのグループは単一値選択モードで検証されます。選択した編集モードを使用する場合は、設定チェックマークグループのオプションの保存選択モードを選択してください。

処理済みのフィールドを進むには、ボタン(ページ右下)を使うか、Ctrl+Ctrl+ショートカットを使用してください。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article