認識

文書は処理ステーションで自動認識します。システムはアンカー要素と識別子に基づいて一致する文書定義を選択し、選択された文書定義のフィールドに一致するフィールドのデータを認識します。

信頼性の高い文字の合計文字数に対する割合の表示先→確かに認識された文字列。

プロジェクトの変更が承認中に行われ、プロジェクトに検証段階が含まれている場合、検証オペレータと上級検証オペレータは、新しい設定を使用して手動で文書を再認識できます。文書の再認識は、まず検証ステーションでツール→最新バージョンにアップデートをメインメニューから選択します。

注:認識中に次のメッセージが表示されることがあります:「\\BatchHeader.tmpに接続できません」指定されたファイルはすでに存在します。プログラム作業に影響を与えるWindows検索インデックスサービスが原因で、エラーは発生します。Windows検索インデックスサービスは、プロジェクトフォルダ内で作成され、エラーの原因となったプログラムの操作中に削除されたファイルを処理します。そのため、Windows検索インデックスサービスを無効にすることをお勧めします。

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article