処理ステージへの文書の送信を禁止する

ロールに頼ることなく、 オペレータ が処理ステージに文書を送信することを禁止できます。処理ステージの項目を 前にリンク(オペレータはタスクを手動でこのステージに送信できません) 選択してください。事前処理が必要なステージの項目を選択する場合があります。そのステージへの文書の送信を オペレータ に禁止することはできません。 例外処理済 それらのステージで当該項目は利用できません。

処理ステージへの文書の送信を オペレータ に禁止する場合:

  1. タイプのバッチ 既定 の場合は、次を選択: プロジェクト→ プロジェクトプロパティ... 他のバッチタイプの場合:
    • 次を選択: プロジェクト→ バッチタイプ...
    • アクセス可能またはアクセス不能にしたいバッチタイプを選択してください
    • クリック 編集...
  2. 次に ワークフロー タブをクリックします。
  3. 処理スキーマを使用する場合は、 詳細設定 処理ステージを選択し、クリックします。 編集...
  4. そして 前にリンク(オペレータはタスクを手動でこのステージに送信できません) クリアにします。
  5. クリック OK で、変更を保存します。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article