マシン可読フォームのタイプ

マシン可読フォームは、自動データ入力用に設計されています。すなわち、収集されるデータとフィールド境界、テキストマーキング、背景または説明テキストなどの認識不能なフォームエレメントとを容易に区別できる必要があります。

これは、次の2つの方法のいずれかで実現できます:

  1. フォームは、フィールドの境界、スキャン後に背景とテキストのマーキングが消えるように設計する必要があります、もしくは
  2. フォームは、フィールド境界、背景、テキストのマーキングをスキャン後にはっきりと見えるように設計する必要があります。

最初のアプローチを使用すると、アンカー、説明テキスト、および入力されたデータのみがスキャン後にフォーム上に残ります。その結果、プログラムはフォームエレメントからデータを分ける必要がなくなり、認識がより簡単で信頼性の高いものになります。

この場合、次のタイプのフォームが使用されます: ドロップアウトフォーム , 白黒フォームとラスター背景 , ラスター境界線を持つ白黒フォーム 、そして 白黒ライナーフォーム

2番目のアプローチを使用すると、アンカー、説明テキスト、入力データ、テキストマーキングおよびフィールドの境界線は、スキャン後もフォームに残ります。プログラムは、フィールドの枠線とテキストマークで囲まれた情報を探します。これらのフォームエレメントが欠落していると、認識品質が低下します。

この場合、白黒線形フォームが使用されます。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article