入力された値の処理

どんなタイプのデータでも、入力値の処理を自動的に実行できます:空白スペースを除き、字の大文字と小文字を入れ替え、特定の文字やテキストを自動的に置き換えます。フィールドの値の自動処理を有効にするには、フィールドプロパティダイアログボックスの データ タブで、 編集... ボタンが オートコレクトオプション フィールドの右側にあるので、これをクリックします。

目的の自動処理オプションを選択します。

仮に 認識後にオートコレクトを 1 回のみ適用 が選択された場合、自動処理はフィールド値が認識された後でなければ実行されません。それ以外の場合、フィールド内の値が変更されるたびに、自動処理が実行されます。

  • 認識されたフィールド値の文字の自動置換を実行するには、 編集... ボタンが 文字の置換 フィールドの右側にあるので、それをクリックします。表示されたダイアログボックスで、自動置換する文字を追加できます。追加された値は、アルファベット順に並んでいます。認識されたフィールド値に指定された文字がある場合、それは自動的に置き換えられます。以下の置換パラメータを指定できます:
    1. 置き換える文字を1つ以上、 置換 フィールドに入力します。
    2. 置き換える文字またはストリングを、 With フィールドに入力します。
      注: テキスト全体で置換が完了した場合、ストリングが適用できます。他のオプション (プレフィックス、サフィックス、またはその両方) は、最初の文字だけ適用されます。

例を表示

  1. Where フィールドでは、 指定された文字をプレフィックス、サフィックス、その両方、テキスト全体のどこで置き換えるかを選びます。
    仮に プレフィックス が選択された場合、テキストの最初から、 置換 リストで指定されたすべての連続文字が置き換えられます。サフィックスの場合、文字の置換はテキストの最後から始まります。
    例えば、プレフィックスで、「B」を「%」に、「AC」を「#」に置き換えることを選んだ場合、ストリング「ABC ENTERTAC CORP」は「#%#%ENTERTAC CORP」に変換されます。

詳細

  • 認識されたフィールド値全体またはフィールド値内のセパレートワードの自動置換を実行するには、 編集... ボタンが テキストの置換 フィールドの右側にあるので、それをクリックします。
    表示されたダイアログボックスで、自動置換のワードや表現を追加できます。フィールド全体だけを置き換えるには、 フィールド全体の内容をマッチング を選択します。
    オプション 完全一致検索 を有効にした場合、プログラムは入力されたワードや表現を厳密に検索して置き換え、 あいまい検索 を有効にした場合、プログラムは入力されたワードや表現に似たものも検索して置き換えます。許容できるエラーの数は、ワードの長さによります。
    大文字と小文字を区別してワードや表現を置き換えるには、オプション 大文字と小文字を区別する を有効にします。
  • テキスト文字の変換方法を、 大文字使用を変更 ドロップダウンリストから1つ選んでください:
    1. なし 変換しない;
    2. 大文字 すべての文字を大文字にする;
    3. 小文字 すべて文字を小文字にする;
    4. 先頭大文字 最初の文字を大文字にして、残りを小文字にする。
  • 余分なスペースを削除 空白を削除したい場合、このオプションを有効にしてください。

自動置換のために 自動補正スクリプト を使用することもできます: スクリプトを使用 オプションを選択し、 編集... をクリックしてスクリプトエディタを開き、スクリプトのコードに打ち込みます。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article