キャプチャされたフィールド

発注文書定義にはあらかじめ次のものが設定されています。

フィールド 摘要
発注書番号 発注書の番号。
発注日 発注書が作成された日付。

BU (フィールドのグループ)

  • BUId
  • その他住所
  • VAT ID
  • 名前
  • 都道府県
  • IBAN
  • 銀行コード
  • 銀行口座
  • 住所
  • 郵便番号

商品を売っている会社(発注書の受領者)

部署に関するデータベースを使うことができます。使用するためには部署という名前のデータセットと部署に関するデータベースを紐付けしてください

データベースを1つも使わない時には、以下のフィールドだけがキャプチャされます。

  • 名前
  • 住所

発行者(フィールドのグループ)

  • 発行者のID
  • 名前
  • その他住所
  • 郵便番号
  • 住所
  • IBAN
  • 銀行コード
  • 銀行口座
  • VAT ID
  • 都道府県

商品を注文した法人あるいは個人(発注書の作成者)

買い手に関するデータベースを使うことができます。使用するためにはバリアントという名前のデータセットと部署に関するデータベースを紐付けしてください

データベースを1つも使わない時には、以下のフィールドだけがキャプチャされます。

  • 名前
  • 住所

送付先 (フィールドのグループ)

  • 名前
  • 住所
送付先の住所

請求先 (フィールドのグループ)

  • 名前
  • 住所
請求書を送付する住所
明細項目 役職 明細項目の数
商品コード 買い手のデータベースにある商品コード
商品コードBU 部署のデータベースにある商品コード
摘要 商品の説明。
数量 発注した商品の数量。
測定単位 商品の数、重さなどを計測するのに使う単位。
単価 1つの商品に課される価格。
単価の分母 ユニットあたりの商品の数量。(商品が1パッケージあるいは1箱ごとに値段がつけられる場合、単価の分母はパッケージの重量や箱の中のボトルの本数などを示します)。
割引率 適用される割引(パーセントで表示されます)。
割引価格 適用される割引(発注書に通貨の額が表示されます)
合計額(税込み) 税込みの合計額。
合計額(税抜き) 税抜きの合計額。
通貨 明細項目に使われている通貨。
配送日* 商品が配送される予定日。
合計 すべての発注に対する支払額の合計。請求書とは異なり、このフィールドを発注書に必ず入れる必要はありません。
通貨 合計の金額。発注書に合計額の記載がない場合、通貨のフィールドは空欄になります。
配送日* 商品が配送される予定日。
追加料金 発注量に追加で加算される料金。

数量 (フィールドのグループ)

  • 税金合計
  • 合計金額(税込み)
  • 小計(税込み)
  • 税金
  • 税率
  • 追加税金グループ

このフィールドのグループは税金を検出するために使われます。デフォルトでは、これらのフィールドは発注文書定義で無効となっています。これらのフィールドの有効化は 税金 オプションで行ってください:

  1. 文書定義エディタで 文書定義→をクリック 文書定義プロパティ...
  2. 開いたダイアログボックスで 文書定義設定 タブをクリック。次にグループの中にある 編集... ボタンを 追加フィールドと機能 クリックしてください。

*もし発注書に書かれている配送日が1つだけなら、この日付が 配送日 のフィールドに抽出されます。もし明細項目ごとに異なる配送日が書かれているなら、これらの日付は 明細項目 のテーブルの行に抽出されます。

発注文書定義に独自のカスタムフィールドを加えることもできます。プログラムがカスタムフィールドからデータをキャプチャできるようにするためには、プログラムがこのフィールドをキャプチャできるようにトレーニングさせるかこのフィールドに関する別のFlexiLayoutを作るかする必要があります。 (詳しくはカスタムフィールド をご覧ください)。

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article