文書のアセンブル

アセンブリエラーを修正する方法

  1. 文書内の不適切なページ順序
    ページ数が少なすぎたり多すぎたり、文書ページが正しい順序で配置されていない可能性があります。このようなエラーを修正するには、マウスを使用して、単一文書内や文書間でページを移動できます。
    いくつかの文書のページは、次のように単一の文書に結合できます:
    • 結合する文書を強調表示します(Ctrl +クリックで複数の文書を選択します)。
    • 右クリックし、結合をショートカットメニューから選択します。

文書内のページを分割し、それぞれを別々の文書に配置するには:

  • ページを分割する文書を強調表示します。
  • 次を選択:分割をショートカットメニューから選択します。
  1. 複数ページの文書の誤った認識。
    複数ページの文書が1ページの文書の収集として認識される場合、これは文書定義が最初のページにのみ正しく適用されたことを意味します。エラーを修正するには、ばらばらになったページを1つのセクションにまとめます:
    • 文書内のページの順序を確認し(上記参照)、ページが同じ文書に属し、その順序が正しいことを確認します。
    • 同じセクションに属するページを選択します(たとえば、表を含むすべてのページ)。
    • 選択範囲を右クリックし、セクションでグループ化するショートカットメニューでクリックします。

グループ化されたページは複数ページの文書として認識されます。

  1. 文書定義で、ページの正しい組み立てのためのキーフィールドの検証が必要な場合は、キーフィールドの値が各ページの画像の下に表示されます:
    • 一致した場合はグレーで強調表示されます。
    • 不一致の場合は赤で強調表示されます。

キーフィールドが認識されているか、正しく記入されていないと、キーフィールドが一致しないことがあります。キーフィールドの値を確認します。キーフィールドの値がまだ一致しない場合、そのようなページは同じ文書に属していない可能性があります。ページ順序が間違っている場合は、同一のキーフィールドを持つページを見つけ、項目1で説明したように文書に組み立てます。

文書の組み立てについて

文書は、自動的に、またはユーザーコマンドの明確な入力によってアセンブルされます。アセンブリの原則は、複数ページの文書処理用の文書定義を作成するとき、およびカスタム処理ステージ表示されたバッチタイププロパティダイアログボックスで選択します。これらのアセンブリタイプは、実行される時間と、アクセス可能な文書のタイプによって異なります。

文書定義プロパティで説明されているアセンブリの詳細

  1. 実行:
    • コマンドを選択するとき:ツール→アセンブリを更新
    • 一連の文書を分析/認識した後、 この場合、アセンブリには分析/認識に関連する文書のみが含まれます
  2. 標準アセンブリルールと文書アセンブリスクリプトの両方を適用できます。
  3. 文書で境界がロックされているものは、他の文書と結合されず、文書セットに追加できます。文書セットの境界がロックされている場合、自動文書アセンブリはロックされた境界内で実行されます。
  4. 文書定義が一致しない場合、アセンブリは実行されません。たとえば、バッチのすべてのページが別名ページである場合、アセンブリは実行されません。
  5. ページの順序は、アセンブリ中に変更することはできません。

バッチタイプのプロパティで説明されているアセンブリの詳細

  1. 文書が対応するステージに入ると実行されます。
  2. 説明はスクリプトの処理にあります。
  3. ページや文書を移動して削除できます。

オペレーターのタスクは、可能な文書組み立てエラーを識別して訂正することです。

アセンブリエラーは、ページアウトラインモードで最も便利に訂正することができ、ページ画像とそれらが属する文書の良好なビューをユーザーに提供します。このモードに切り替えるには、ボタンをクリックしてください。

注:詳細を表示するためにページアウトラインのスケールを変更するには、Ctrlキーを押しながらスクロールホイールを回します。

文書定義を作成するときは、文書のアセンブリルール(シーケンスと繰返し文書セクションの数)を設定する必要があります。キーフィールドの値に基づいてアセンブリの検証を構成することもできます。この場合、キーフィールドの値は文書のすべてのページで同一でなければなりません。

注:文書定義を作成するときに、セクション順序チェックを無効化タブでオプションが選択されている場合、セクションの順序はチェックされませんアセンブリタブをクリックします。プログラムは、すべてのセクションが文書に存在することを確認するためにチェックしますが、セクションの順序は無視されます。

アセンブリエラーのある文書には、このシンボルが付いています:。エラーの説明は、文書定義の名前で提供されます。

文書の境界をロックする

文書の境界は、次の場合にロックされます:

  • 画像はインポートステージで文書に分割されます。
  • アセンブルされた文書は、意図された宛先に送信されます。
  • ドラッグアンドドロップ操作を使用して文書に追加されたページまたは文書。
  • 文書定義をマッチング...コマンドが実行されます。
  • 文書のIsExcludedFromAutomaticAssemblyフラグは、文書の編集を許可されたスクリプトによってtrueに設定されます。
  • オペレータは、ドキュメントの境界をロックするショートカットメニューのコマンドをクリックします。

文書境界は、次の場合にロック解除されます:

  • オペレータは、ドキュメントの境界をロック解除するショートカットメニューのコマンドをクリックします。
  • 文書は分割コマンドを使用して分割されます。
  • そのIsExcludedFromAutomaticAssemblyフラグは、文書の編集を許可されたスクリプトによってfalseに設定されます。

ロックされた境界線を持つ文書または文書セットは、以下の隣にアイコンが表示されます:バウンド列(リストビュー)またはページサムネイル(サムネイルビュー)。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article