検証ステーションウィンドウ

ウィンドウの上部には、メニューバーとツールバーがあります。下部にはステータスバーがあり、プログラムのステータスや実行中の業務に関するメッセージ、選択したメニュー項目やボタンの短い説明を表示しています。メインウィンドウの残りの部分はペインで占められており、そこにはキューのリストまたは文書のリストがあります。

2つの表示モードがあります:キューモードとバッチモードです。メインウィンドウの内容は、選択したモードにより変更されます。

キュー

メインウィンドウにはキューのリストが含まれていて、ここから処理するタスクを選択できます。

検証 オペレータ およびシニア検証オペレータは、いくつかの タスクのキュー にアクセスできます。

タスクペインには以下の情報が含まれています:

  • すべてのタスクのカウント
    キューの中で利用できるタスクの数。自動タスクおよび オペレータ が作成したタスクを含みます。
  • 最大優先度
    キューの中のタスクすべての中で、最も高い優先度。
  • パーソナルタスクのカウント
    現在のユーザーに割り当てられたタスクの数。
  • 整形式のタスクのカウント
    自動的に生成された、すべてのタスクの中の合計文書数。
  • 整形式のタスクのカウント
    手動で オペレータ が作成したタスクの数。例えば、文書がキューに追加された時に、 タスクを作成 オプションが有効だった場合のタスクなど。
  • 処理外バッチのカウント
    個別のタスクを作成することなく、 オペレータ によりキューに追加されたバッチの数。
  • 処理警告タスク数
    期限が迫っているバッチの文書を含むタスクの数。
  • 期限超過タスク数
    期限切れのバッチの文書を含むタスクの数。

ヒント。 ビューを開くには、キューのショートカットメニューの キューを探索 コマンドを使用できます。

メインウィンドウの表示

タスクの文書リストは、タスクが受信された時に表示されます。

文書リストを表示するメインウィンドウの表示

バッチ

注: このビューは、シニア検証オペレータだけが利用できます。

このモードでは、メインウィンドウはバッチ関連情報を含んでいます。これには、バッチ内の文書数とページ数、バッチの優先度、バッチの中の記号のうち認識、検証、エクスポートされたものの合計、 期限が含まれています 。

既定では、 オペレータ はすでに処理済みで表示されているバッチ以外のすべてのバッチを利用できます。1ページに最大500のバッチを含めることができます。ページを切り替えるには、右にある矢印ボタンを使用します。

バッチのフィルタリング

処理サーバーに保存されているプロジェクトのバッチは、フィルターにかけることができます。そのためには、 ドロップダウンリストの表示 からフィルターを選択し、フィルター設定を指定します。

  • 処理済みを除くすべてのバッチ ;
  • ステージにあるバッチ... 処理ステージでバッチをフィルターにかけます。

    追加的なフィルター設定

  • 名前プレフィックスがあるバッチ...
    名前のプレフィックスによりバッチをフィルターにかけます。
  • ID があるバッチ...
    ID でバッチをフィルターにかけます。
  • ID がある文書を含んでいるバッチ...
    含まれる文書の ID でバッチをフィルターにかけます。
  • 期間内に作成されたバッチ...
    作成時間でバッチをフィルターにかけます。1753年2月1日以前および2100年12月31日以降の日付は認められません。
  • バッチタイプがあるバッチ...
    タイプでバッチをフィルターにかけます。
  • 特定の登録パラメータがあるバッチ...
    登録パラメータ名と値でバッチをフィルターにかけます。このフィルターには最大3つのパラメータを含めることができます。

    詳細...

  • フィルター処理されたバッチ...
    詳細検索は、バッチ名プレフィックス、バッチタイプ、作成日、登録パラメータ、ステージを使用します。
  • 期間内に期限超過となったバッチ...
    期限でバッチをフィルターにかけます。
  • 失効ステータスのバッチ...
    期限のステータスでバッチをフィルターにかけます。

フィルターの使用中、設定の短いサマリーが 表示 ドロップダウンリストの右側に表示されます。現在使用中のフィルターの設定を変更するには、 ボタンをクリックしてください。

検証ステーションメニュー

検証ステーションツールバー

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article