保護の種類

ABBYY FlexiCaptureを使用するには、有効な保護キーが必要です。

ABBYY FlexiCaptureには、次の種類の保護キーのいずれかを含めることができます:

  • ハードウェア保護キー
  • ソフトウェア保護キー

ハードウェア保護キー

コンピュータのUSBポート(USBドングル)に差し込むドングルです。

ABBYY FlexiCaptureをハードウェア保護キーで実行するには、iKeyドライバかCodeMeterキーをインストールしてください。32ビットのOSでは、両方のドライバが自動でインストールされます。64ビットのOSでは、配布したフォルダのiKeyサブフォルダにあるセットアップファイルを手動で実行してください。プログラムを使用する場合は、ハードウェア保護キーを常に接続してください。

ハードウェア保護キーには、ライセンスのパラメータが格納されています。

有効化メソッド:

  • インターネット経由でリモート
    ライセンスのシリアル番号のみ使用して、空のハードウェア保護キーをリモートでアクティブにできます。これは、ライセンスマネージャユーティリティで実行されます。インターネット経由でアクティベーションサーバーに接続後、シリアル番号のパラメータをリクエストして、キーに保存します。
  • メールを使用して
    このアクティベーション方法を選択すると、メールアクティベーションのリクエストが自動で生成されます。このメールメッセージを指定されたアドレスに送信します。メールロボットからすぐに返信が来るように、メールの件名や本文を変更しないでください。

ソフトウェア保護キー

こちらはライセンスファイルです。

ABBYY FlexiCaptureをソフトウェア保護キーで実行するには、ライセンスファイルをABBYYアクティベーションサーバで有効にしてください。ライセンスマネージャユーティリティからライセンスファイルを有効にできます。

ライセンスファイルの有効化で必要な情報は、ABBYY FlexiCaptureがインストールされているコンピュータに関する情報に基づき生成されたコード(プロダクトID)としてABBYYに送信されます。プロダクトIDの生成に個人情報は使用されず、このコードを使用してユーザーの特定はできません。

有効化メソッド:

  • インターネット経由
    インターネット経由のアクティベーションは自動で実行され、完了まで数秒かかります。このメソッドでは有効なインターネット接続が必要です。
  • メールを使用して
    このアクティベーション方法を選択すると、メールアクティベーションのリクエストが自動で生成されます。このメールメッセージを指定されたアドレスに送信します。メールロボットからすぐに返信が来るように、メールの件名や本文を変更しないでください。

インターネット経由でのアクティベーションの場合、追加の手順は必要ありません。電子メールによるアクティベーションの場合、アクティベーションロボットからアクティベーションされたファイルが送信されます。このファイルをハードディスクに保存後、ライセンスマネージャユーティリティを実行して、アクティベーションウィザードで保存したファイルのパスを指定します。

再アクティベーション

ABBYY FlexiCaptureは、起動したコンピュータに何度でも再インストールできます。ただし、実質的にアップグレード、ハードドライブのフォーマット、OSの再インストール、コンピュータ名の変更を行った場合(例:コンピュータをワークグループからドメインに移動するときに名前が変更されます。)、プロダクトを再度アクティブにしてください。

アクティベーションサーバーは、各シリアル番号が何回アクティブ化されたかログを保持します。シリアル番号の特定のしきい値を超えると、シリアル番号がブロックされて、アクティブ化できなくなります。

別のコンピュータで使用する場合は、アクティブ化されたライセンスを無効化できます。ライセンスを無効にすると、アクティベーションサーバーはこのシリアル番号のアクティベーションカウンタを1減らします。

重要! 起動したプログラムは、プロダクトIDが生成されたコンピュータだけで使用できます。プログラムを別のコンピュータに移動するには、まずライセンスを無効にしてください。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article