プロジェクト設定権限を持つユーザーによるトレーニング

トレーニングバッチのトレーニング中に、管理者はサンプルとなるインボイスのバッチを 1 社のベンダーから集め、処理中にプログラムをトレーニングします。このようなトレーニングの結果が満足できないものである場合、管理者はバッチビューに切り替え、このビューが提供するより多くのトレーニングツールを利用できます。トレーニングプロセスが終了したら、管理者はオペレータに対し、トレーニングバッチからインボイスを発行したベンダーのABBYY FlexiCapture for Invoicesでのトレーニングを禁止できます。

Training is only available if ABBYY FlexiCapture can reliably identify the vendor by finding the corresponding record in a vendor database. If you have no vendor databases but still want to use field training, you can accumulate company information by adding records to your data sets while capturing invoices. For more information, see Looking up vendors and business units in the database.

注:このセクションで説明するアクションは、管理者や次のプロジェクトを設定する権限を持つユーザーのみが実行できます:ABBYY FlexiCapture for Invoices。

トレーニングバッチビューに、追加した全ての画像が表示されます。このビューを開くには、ツールバーの(フィールド抽出トレーニングバッチを開く)をクリックするか、表示→フィールド抽出トレーニングバッチを開く

このプログラムは、オペレータがサンプル画像を追加した全ての文書バリアントのリストを表示します。

インボイスのタイプはベンダーに基づいて決定され、ベンダーの会社と同じ名前となります。容易に検索できるよう、列には VatID(ベンダー固有の付加価値税納付番号)、IBAN、外部データベースのベンダーの ID など、ベンダーに関する情報が含まれます。

文書バリアントはこのビューで管理できます。以下の操作が可能です:

FlexiLayout バリアントのトレーニングで使用されたサンプル画像の管理

手動による微調整を目的とした FlexiLayout バリアントの FlexiLayout Studio へのエクスポート

FlexiLayout Studio からの FlexiLayout バリアントのインポート

特定のベンダーからのインボイスのトレーニングを禁止します

特定のベンダーからのインボイスの処理時にトレーニング結果を使用することを禁止する

新しいトレーニングバッチの作成

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article